2016.10.11 Tuesday

雨中の二山踏破

三連休初日の土曜日は信頼するYahoo!先生によると夕方まで何とかお天気が持ちそうなんて

軽〜いノリでサクッと妙高山にでもと早起きして向かったものの、下界で”くもり”は1000m

を超える山では”雨”ってことをすっかり忘れていた私(わたくし)。

 

 

とは言え、一度こうと決めたことはなかなか後戻りが出来ない生真面目な性分で、登山口の

笹ヶ峰を出た7時頃は霧雨程度だったのに、十二曲がりをやり過ごし、富士見平に着く頃には

しっかりした雨降りに。後悔先に立たず、こうなったら山頂目指してワシワシと前進あるのみ。

 

そしてようやく着いた大倉乗越(おおくらのっこし)、いよいよ妙高山頂アタックのスタート

地点となります。思えば妙高に登ったのは遥か20年以上も前。あん時は火打山からの縦走だったか、

まったくルートは覚えていないほど前で…。

 

今回はお馴染みの火打登山道から黒沢湿原経由で外輪山を乗越えて一気に登頂を目指します。

 

昨年の(渓流の)オフには北信五岳のうち登り残した三岳(飯綱・斑尾・黒姫)を急ピッチで

やっつけましたが、妙高は登ったことがあったのでパスとしていましたが、何となく自分の中

では不完全燃焼。ここは一発登ってスッキリしましょと、前日に思い立ちました(笑

 

百名山でメジャーとこなんで、いつもの調子で軽い気持ちで向かいましたが、これが登ってみると

なかなかハード。雨のせいで足元がぬかるみ、木の根や岩が滑りがちだったんで何時になく慎重に

なったせいか、思ったより時間が掛ったし、体力も消耗しました。

 

眺望もこれじゃ気も紛れませんしね〜 ただ黙々と歩を進める山登りは久し振りでした。

 

山頂までのダラダラの急登が長いこと長いこと。ようやく北峰に立ったのが11時前。

笹ヶ峰を立ってから約4時間、この悪条件ではこんなもんか。

 

山頂もこの状況で、あまりの寒さと味気無さで、おにぎり1個かじって早々に下山。

後から思ったんですが、最高地点は南峰(2454m)なんで、なんとなくやり残し感。

 

下りは登りよりもさらに慎重に。雨で濡れた岩は凶器そのもの、転倒即大けがですから。

 

巨大な岩塊をえぐった廊下。晴れていればここからの眺望は見事なことでしょう。

 

 

黒沢池ヒュッテを望みつつ先を急ぎます。それにしても印象に残るデザインの建物です。

 

黒沢湿原。霧が立ち込める池塘。

これはこれでなかなか幻想的でよいもんです。

 

黒沢の源頭。数年前、黒沢橋から釣り上がって辿り着いたところ。とんだ冒険したもんだ(笑

懐かしい思い出です。

 

そして、4時間(登りと同じ)かけてようやく登山口に。疲れましたの一言。自分にご苦労さんです。

 

さらに、、、中1日の体育の日。この日こそはとYahoo!先生を信じ込み、向かった先は

海谷渓谷を臨む駒ヶ岳へ。

 

何処へと色々迷いましたが、海谷渓谷への釣行の折、以前から気になってたこの山。

駒ヶ岳なんて一端の名前ついているけど1500m程度でしょ。妙高のリハビリのつもりで

ちゃちゃっと登っちまおうと。YaHoo!先生!今日こそは”くもり”でしょ?え、え〜

霧雨って?でも、毎度のこと。後ろ振り返りませんから(苦笑

 

紅葉も早いんだか、遅いんだか、妙高もそうだったけど、今年の秋は季節の進み具合が

どうなんだか…

 

ぼちぼち色付き始めたって感じですかね〜

 

あっと言う間に山頂に着いたようだけど… これがなかなかどうして。

 

虎の穴ならぬ、トラの縄地獄の直登の連続。片道2時間の行程の約6、7割はこんな急な

登り。まるでアスレチックのような…。

 

縄梯子もあり。

 

日本海(姫川河口)を眺望するひと時の後も

 

アルミ梯子あり。

 

ちょっぴり舐めていましたが、行程は短いもののなかなかのスリルを味わえる登り応え

のある”駒ヶ岳”でした。

 

ダイモンジソウ。

 

使われているのか?使えるのか?鍵が掛かっていましたが、なかなか雰囲気のあるロッジ。

予約すれば利用できるのか…。

 

往復4時間、リハビリのつもりがそれなりのガッツリな登山となりました。今度はお天気の良い日に

先の鬼が面から鋸山に足を延ばしてみましょう。

 

最期に小谷村に足を伸ばして、露天風呂で2日間の疲れをしっかり癒して帰途に。

 

雨に祟られたこの連休。オフのスパート登山にはこんな天気廻りも仕方がありません。

来週こそはスカッとした秋晴れの山登りを期待したいものです。

      

 

 

 

2016.10.02 Sunday

秋晴れディープブルー&ピンク

渓流シーズンも無事終了し、迎えた最初の週末は、”祝”秋山シーズンの開幕です。

 

9月最終週は秋雨前線に祟られて、最後の悪足掻きも木っ端微塵に… 潔くスパッと

切り替えです(^^

 

さて、この秋から晩秋にかけてどんな山に登ろうか…? 取り敢えずは近場の米山に

足慣らしに。スカッと晴れあがった抜けるような秋空のディープブルーと今が盛りと

咲き誇る秋桜のディープピンクが印象的な山行きとなりました。

2016.08.05 Friday

いざ、飯縄山へ

今回で三回目(三年目)となる高校同級生(B&T)との中年体力確認登山(笑

 

この山、自分は今回で4回目ですが… 3者3様、年齢見合いに自分のレベル(まだいける?

いや、こんなもの?、ちょっとキツイわ…)が確認できたことでしょう(^^

 

帰りにおいしいお蕎麦をいただいて。次回は秋に紅葉でも… レベルは上げる?落とす?

 

 

 

 

2016.01.04 Monday

雪の黒姫


正月休みの最終日。信じられない好天と高温に誘われて… 懲りずに(笑)昨秋11月に登った北信五岳の黒姫に
登って来ました。




と言ってもそこは真冬の雪山。選んだ古池のルートは踏み跡もない上に雪深く、中腹の新道分岐に
着いた時はもうバテバテ。年末から続いた豊食豊飲も効いているのでしょう。

立ちも遅かったんで、この分岐で大橋方面に引き返してもいいかなって思っていたところ、その大橋
方向から超若いサラサラヘアーをなびかせた山ガールが単独で…。二言三言の会話で引き返えそうかと
思っていると伝えると… 「えっ、登らないんですか?」って言うじゃないですか…。彼女は古池の方へ
少し歩いてから登るって言うじゃないですか…。そらあ男としては登らんわけには行かんでしょう(^^;

変にチャレンジ精神に火が付いちゃった感じで、幸い新道には昨日?あたり登ったトレースがあったんで、
まっ、天気も上々だし危険を冒さない程度に”行けるところまで行きましょっ”て言う軽いノリで歩を進めたって
次第です。


結局、ピークまでもう一頑張りっていうところでタイムアップ。記念の自撮りの後に引き返すことに。
無理は出来ませんからね。そこは慎重に…。


帰り道、古池の遊歩道で遅いランチを。カップヌードルとインスタントコーヒーの簡単なものですが、
日も傾き気温も下がって冷えた体には、暖かいものは最高!芯から温まりました。

こんな感じで、7連休中に2回の登山に挑戦出来て、今までにない頑張った年末年始となりました(笑)

明日から2016年の仕事初め。この勢いでスムーズにスタート出来そうです(^^
2015.12.30 Wednesday

神の山へ 御礼登山














年末恒例の大掃除も一段落したところで、このタイミングしかないでしょう(笑)と今年3回目となる飯縄山へ。
今回の一番の目的は、飯綱神社の参拝。家族全員が健康で過せたことの御礼です。

好きな趣味も仕事も家族が無事であるからこそ安心して打ち込めるというもの、ありがたいことです。そして、
新しい年の家内安全も合わせて…。









 
2015.12.13 Sunday

積雪の飯縄へ、再び










思いがけぬ絶好の冬晴れに誘われて… 行かないわけには行かないでしょう(笑)

軽アイゼンを付けての人生初の雪山登山。360°の大パノラマを楽しむことが出来ました。これ見ちゃうと癖になる
気持ち分かります。今回は積雪が少なかったけど、もう少し降り積もったらスノーシューかワカンを持って…。
2015.11.26 Thursday

晩秋の米山登山











秋山登山は今シーズンラストかな?もっとももう直ぐそこは師走、雪が降ったらスノーシューをもってあの山へ・・・

山物語は終わりません(笑)
 
2015.11.08 Sunday

黒姫山・・・北信五岳踏破




















既に晩秋、雪が降る前に何とかミッション完了。Kさん、お付き合い頂きありがとうございました。
2015.10.31 Saturday

斑尾山登山と燃える野尻湖



























北信五岳踏破に向けて、4座目の斑尾山に登頂。1,000mを超えると紅葉も枯れ果てですが、麓から登山口周辺の
野尻湖では今まさに盛り。燃えるという表現がピッタリ、美しいを通り過ぎてヤバかった(笑 

残すはあと1座(黒姫山)、雪を頂くまでには…。




 
2015.10.25 Sunday

飯縄山へ 弾丸登山


絶好の秋晴れに誘われて北信五岳の3座目、飯綱山へ弾丸登山に行って来ました。


今回のルートは戸隠中社前から脇道に入り、有名な戸隠そばの名店”うずら屋”をはじめ何件ものそば店をやり過ごし、
さらに進むんで”ちびっこ忍者村”(ここは子供たちが小さい頃よく遊びに来ました)前を通過、その奥に続く林道の
左手に西登山道の起点があります。ここから約2時間ほどの行程の軽登山となります。


1時間ほど緩やかな山道歩きと少しの急登をやり過ごすと、一気に視界が開けて右手には戸隠連山が。


そして奥には雪を頂いた北アルプスの山々が連なります。紅葉はすっかり終わりましたが、木々が葉を落して
からの見晴らしが最高となります。


登山道の傍らには石仏や…


二重の鳥居と祠が祭られていて、古くからの信仰の山の特徴が至るところで見られます。


標高を上げるにつれてさらに眺望が開け、遠かった北アルプスもくっきりはっきりと。


前方にはもうすぐそこにこんもりした山頂が… あと一息。


そして、わけなく1,917mに到着。さすがに手軽に登れる人気の山、山頂には多くの登山客が360°のパノラマ
を楽しんでいました。


早めのランチを済ませてから、下山も同じコースを辿ります。


僅かに残る秋の陽光に輝くカラマツの紅葉や、


澄んだ青空に映えるウチワカエデの赤や黄に癒され、


ゆっくり、のんびりと写真を撮りながら登山口に戻りました。本当に良いタイミングで行けて良かった。
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM