2013.01.01 Tuesday

2013年 初日の出



私の住む雪の上越でも初日の出が拝めました。予報は昨夜からずっと雪模様なんですが、元日から朝日が顔を覗かせるとは実にラッキー。迷わずデジイチを持ち出してシャッターをきりました。



今年もなんかいい年になりそう(^^ 喪中で新年のご挨拶は失礼させていただきますが、今年もよろしくお願いします。 
2012.11.26 Monday

晩秋の里山を楽しむ



冷たい雨が続いた連休の最終日。ぽっかりと柔らかな陽光降り注ぐ晴天となった日曜にDoumtakaさんのお誘いを受け、近郊の山里へきのこ狩りに行って来ました。
           

前回訪れた時はまだ紅葉には早かったこの森もすっかりピークを通り越し、遊歩道には落ち葉が厚く降り積もっていましたが、それでも何とか残っていた楓の黄色が鮮やかで目に染みるよう。

         

お目当てのきのこも沢山採れて、ほんとうに気持ちの良い1日となりました。



落ち葉の下にはこんな鮮やかな色合いのカエルが冬眠の準備。これってもしかして新種発見!?



見晴らしの良い尾根筋から望む西方面の山並みは既にこんなに白銀を纏っていました。

午後からは恒例のきのこパーティーで締めくくり。今回は老若男女10人を越える大パーティーとなり、本当に楽しかったし美味しかったです。

ご一緒頂いた皆さん、本当にありがとうございました。また機会があれば・・・。

2012.11.12 Monday

染まり行く街



自宅周辺の街路樹の色付きが今まさに最高潮を迎えています。名だたる紅葉の名所 が気になり、わざわざ足を運ぶこともありますが、ご近所の歩道沿いの在り来たりな桜の葉が息を呑むほど美しいてことも・・・。

    
   

街の色付きが濃くなる時期になると冬の到来ももう目前。美しいけど何か寂しさ方が・・・。味気ない雪景色に変わる前に最後の彩りを楽しみたいと思います。
2012.11.04 Sunday

里山の秋



数日続いた初冬を感じさせる空模様も一段落。霜月を迎えた最初の日曜日は、久し振りに晴れ上がった小春日和となりました。



この日はDoumtakaさんより、きのこ狩り&きのこ汁パーティーをしませんか?との嬉しいお誘い。

お仲間のOさん、Nさんと4人で市内西方面の里山へ。温泉施設から続く林道周辺を探索!?しましたが、この辺りはお目当てのきのこの時期には少し早いのか、十分な収穫とはいきませんでしたが・・・



期待していた木々の色付きもここ数日の冷え込みの割には進んでおらず、この時期にして緑色主体の状況。



でもこれはこれで深緑と白い幹、澄んだ秋空の青が絶妙で、先日の1,000mを越える高原とは対照的な雰囲気。



下りの遊歩道のブナ林も美しかった。



紅葉とはまた違った満足感が。



温泉施設前の芝生広場で本日メインのきのこ汁で待ちに待ったパーティーの開催って言うか、飲み会(笑

沢山は採れなかったけど、歯応えの良い野趣たっぷりのきのこの味は絶品でした。

皆さん、今日は本当に楽しい秋の一日 ありがとうございました(^^







2012.09.18 Tuesday

終盤・・・試練の渓

 

猛烈な勢いを保ちながら北上し、沖縄から九州を掠めながら大陸に抜けていった台風16号。直接的な影響は少なかったとは言え、フェーン現象で日本海側の気温はうなぎ上り。何でも昨日は私の住む上越の近隣の町では全国1位の37.6℃を記録したとか。

ここに来て朝晩は随分凌ぎやすくなったと、ほっと一息ついていた矢先のこの「凶暴な熱さ」。敢えて”熱”と変換しても可笑しくない有様。いったい何時になったらこの夏は終焉を迎えるのでしょう?

そんな晩夏と言うよりは盛夏と言う季語が似合うような1日、少しでも涼を求めてと再び標高1,000mを超える高地を流れる北アルプスの渓を訪れました。

ここは万年雪を水源としているだけあって渇水の心配はないようですが、8月の終わりに訪れた時に較べると随分と川原が開けたようで、やはりここでも高温少雨の影響は否めないようです。



それでも流石にここは高地、朝の入渓時で水温13.5℃と良い感じです。3連休の最終日と言うこともあってか、川原のあちこちに足跡が転々と、これは想定内。

朝方はどんよりとした曇り空だったものの、日が高くなるにつれ雲が切れ、青空をバックに聳える3,000m近い北アの山塊を仰ぎながらの釣りは心地よく、竿を振っているだけでも楽しいし、
いくらスレていたってそのうち気が向けば出てくれるだろうし・・・なんて余裕ぶちかましていたんですが・・・



大きな淵、小さな落込み、その反転流、岩盤脇、深い流れ、浅い開き、そしてその肩、果ては堰堤の中央、右、左と・・・。この日、半日掛けて2つの堰堤間を隈なく叩き上がれども、見た渓魚の顔は1尾のみ、それも様子を見に来ただけとは・・・。



秋のイワナ隠れとは良く聞くけど、こんなことで良い子生めんの?濃いやつ出せんの?(笑)って感じですが、きっと釣り人が去った夕刻から日暮れにたっぷりスタミナ付けているんでしょうな。

こんな日もあります。て、言うか、終盤大詰めにして今シーズン初の”ボ”を記録してしまいました(^^;
渓魚の登場しない釣行記事も久し振りのような・・・。

こうなったら第2の目的に徹するって訳で、風で微妙に動くこの赤いベリー系の実を手持ちマクロで撮るのに30分位かかったかな〜?粘った割にはピン甘いんですけど・・・(苦笑)

ま、デジイチにレンズ3本、肩に食い込ませて持ってきた目的だけは果たせたって訳です。



そして、本日の第3の目的はこいつの筆下ろし。キュキュっと締まるし、するっと抜ける(脱げる)、初体験にしては痛くもなく、気持ちの良い使用感でございました。



あと何度イケるかわかりませんが、特別若くもないんだし、そこそこにしたいと思っておる今日この頃であります。




2012.06.22 Friday

西へ、西へ、さらに西へ



ここ2週続けて釣りに行けてないのですが、仕事でバタバタしていまして・・・。実は中国に出張に。



羽田から北京経由で河南省の杭州へ。そこから車で2時間、最初に訪れたのは焦昨(ジャオゾウ)という都市。

ホテルからの町並みですが、黄砂のためでしょうか、なんとなく黄色く霞んでいます。とにかく何処も
彼処も土埃っぽい。さすがに黄河の南に位置するだけあって、肥沃な黄土の上に建設された地方都市という印象。



泊ったホテルは5星のよう。都会的な24階のシティーホテルです。部屋は1人ではもったいない
ほどの広さ。国内の出張では考えられないサイズで、広大な国土を持つ中国ならではです。



焦作市の町並み。比較的コンパクトでごみごみと込み合った感じ。



バイクの数がハンパなく、専属のバイク番のおばさんが付いています。さすがに労働人口の多いこと。



タクシーの他にこんな輪タク、いやバイクタクも目立ちます。



マクドナルドは万国共通ですが、いったい何と読むのか?漢字ばかりの羅列でわかるのか、わからんのか?って感じ(漢字)です。



久々に会った日本人。松島奈々子がありがたい(笑)



当日のミーティングを終え、近郊の景勝地へ案内して頂きました。



如何にも中国らしい険しい山塊。案内してくれたリャンさんに、孫悟空が生まれた山かって聞いたら、
笑ってました。



その山を源に流れる渓谷。まさに山紫水明、何ともダイナミック!



何とも大らか!ブライダルの広告?撮影をやってました。



次に訪れたのは山東省、中州市。ここはまた広々とした都会的な町並。高層ビルがどんどん建設中でした。





訪問した会社の正門前。町全体がこちらの会社の敷地の中にあるようでした。

今回、4泊5日のハードなスケジュール。当然ですが食事は中華ずくめ、行った先々で51°の焼酎
(パイチュウ)で歓待。身も心も疲れ果てました(^^;

今週末は渓流でストレス解消ですぞ(^0^)



2012.04.24 Tuesday

青空に満開



今週の日曜日、幼なじみのぼーちゃんと楽しみにしていた恒例のお花見。前日の土曜日は最高のお花見日和だったんだけど、計画すると
なかなか思うようにいかないもの。

結局、風雨で現場は無理ってことで、我が家で子供たちを交えてたこ焼きパーティーを。おっさん2人は飲めれば何処でもいいってことで(笑)

どうしても青空をバックに咲く満開の桜を撮りたかったんで、今朝、仕事前に朝撮りに行って来ました。

やっぱり桜はライトアップされたものより、青空の下が映える、これ自分の持論ですが・・・(^^



いい時期が来たな〜って気持ちになりますよね!

2012.04.17 Tuesday

開花、そして光のマジック



近所の高田城跡公園にもようやく遅い春がやってきました。なんでも平年より8日遅れ、高田測候所時代からの観測史上3番目の遅さだそうです。

昨夜はちょうど下の坊主の学習塾の日だったんで、送り迎えの合間の短い時間でしたが、デジイチと三脚を担いで修行に行ってきました。

桜のほうはまだ一分か二分だし、絶対的に日中の青空バックが似合うんで、今回は光の撮影に徹しました。

極楽橋越しに撮った桜並木のぼんぼりと水面に写り込んだ光のマジック。マジックと言ったのはご存知、クロスフィルターの成せる技だから。ちょっとベタですけどね(^^;

この陽気だと今週末には満開の見ごろとなることでしょう。桜の写真はその頃にあらためて挑戦です!

2012.03.07 Wednesday

スタートライン



3月に入り、少しずつ春めいてきたとは言え、 家の近所を流れるS川の河川敷は、まだまだこんな感じ・・・。
ここで河口から10kmくらいですから、当然、中・上流域は大量の雪に埋もれています。

最上流の山々に降り積もった雪が、ユキシロとして流れきるのは7月の声を聞く頃かと思うと・・・途方もなく先の話し。

うちの地方の、特に水面での釣りを得意とするフライフィッシャーにとっては本当の意味での解禁は6月以降ってところです。



それでも人並みにスタートラインには立たなければ不安なわけで・・・。ようやく購入した県内共通券ですが。
これって、「シーズン末調整」なんて言う都合のいい制度があったら、「FFドライフライ控除申請」して還付金もらっちゃうんだけどな〜

そんなこと言ってると漁協のシトに叱られちゃうんで、冗談はこれくらいにして・・・。

せっかくスタートラインに立ったのですが、準備不足でスタート合図のピストルは何時になる(鳴る)ことか・・・(笑)
2012.01.01 Sunday

晴れの元旦



9月の禁漁以降、放ったらかしのままだったタイイングテーブルをこぎれいに片付けて、やっと
フライフィッシャーとしての一年を締めくくることが出来るってもんです。

シーズン中はめったに整理することがないんで、嬉しくなって写真に収めました。

スタンドの明かりの拡散が強調されるようシャッター速度を落として、軽くソフトフォーカス処理を
してみました。

昨夜は長男を除く(彼は幕張メッセにカウントダウンライブに)家族5人と一匹(愛犬ミクさん)で
年越しして・・・



明けましておめでとうございます(^0^)

こちらの元旦としては、今のところ珍しく穏やかな一日となっています。
初日の出こそ拝めませんでしたが、うす曇から覗く淡い青空とやさしい陽光に誘われて、
愛犬ミクさんのお散歩がてら、初修行!?に行って来ました(笑)



北長野の山並み(写真右端)がくっきりと。左方向に繋がる東頸城の山々まで一望です。



中央に聳える名峰妙高山。日本百名山に数えられているだけに、やっぱり美しい。
※手前に敢えて入れたのは関川に掛かる橋のランカン。

思わず手を合わせて、よい年を祈願しました。

皆さんにとってもよい年でありますように・・・。今年もよろしくお願いします!

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM