2016.10.16 Sunday

秋晴れ、紅葉、火打登山

雨雲につきまとわれた先週末は、まったく展望の効かない苦行の登山。でもそれはそれ、自然相手の遊びでは

そんな状況も避けられないこと。そんな時にしか見れない冷たい雨に霞む幻想的な森や湿原の景色だったり、

慎重に濡れた岩や木の根を登る技術や注意喚起だったり、得るものも沢山あるもので、でも、やっぱり苦行(苦笑

 

打って変わって今週末は、先週のうっぷんを晴らすかのような完璧な秋晴れ。最高の登山日和となりました。

こんなベストな日に計画できた火打登山、なかなか狙ったその日に穏やかな秋晴れと鮮やかな紅葉との出会いは

稀の中、ご一緒した”かんりさん”さすがの強運ぶりを発揮!腕前は釣りだけじゃないようで…感謝です(笑

 

スカッと晴れ上がった青空と火打山頂。3年ぶりの挑戦です。

 

お天気が良いとやっぱり足元も軽快。そして、登山中も終始釣りの話題で盛り上がり(笑)、

時間が経つのもあっという間。気付くと富士見平もあっという間にやり過ごし中継点の高谷池

もあとちょっと。

 

余裕があるともう一つの目的の写真撮影も調子良く、二人のシャッター音が響き渡ります。

 

そうこうしているうちに、水蒸気の噴煙を上げる新潟県唯一の活火山”焼山”のドームが目指す火打山の左肩に。

ここ最近、活発な活動が認められ緊張が高まっている頸城連山の雄。現在は登山禁止となっていますが、近隣で

登り残した2000m峰のこの山に登るのが今年の目標としていました。残念ですが、もう少し良い子になるまで

お預けです。

 

そして視界が一気に開けると、火打登山の宿営地、高谷池に到着。

 

これから一気に300mの標高を稼ぐ前に、左手に秋枯れの広々とした池塘の湿原を眺めながら木道を進む。

 

三角屋根の高谷池ヒュッテに別れを告げて、

 

山頂に続く整備された木階段を進むと、

 

天狗の庭に。自然が創り出した造形、まさに詫び寂びの世界。美しい。

 

さらに進んで雷鳥平で一息入れてから高度を上げて行きます。

 

ここからが火打登山の最後の正念場に。

 

後方遠く、日本海まで広がる頸城の平野を眺望しながら、

 

さらに高度を上げると、峰を挟んでくっきり分かれた植生。毎回感動のここからの眺望。

コース一番のお気に入りの絵。

 

ここから山頂までの根性の直登にはさすがにペースが落ちましたが、若いかんりさんにリードされ…

 

笹ヶ峰の登山口からジャスト4時間。ようやく5回目の山頂に証しを残すことが出来ました。

 

これまでに経験のない穏やかな山頂では、お疲れ様のコーヒータイムから始まり、ランチの

豚汁、おにぎり、カップ麺、そして食後のデザートにカフェオレとクッキーまで頂いたあとは、

のんびり写真撮影と近隣の山々の地図探索。そして、渓流釣師としては興味が尽きない谷筋からの

川のトレース。山頂から鳥の目線で川を眺め川を語る…これが圧倒的に楽しい。登山好きな釣り師

の特権。晴れているからこそのお楽しみ。気付いたらゆっくり2時間も山頂で過ごすことに(笑

 

山頂から望む焼山。一時は200mにも及ぶ水蒸気を吹き上げていた火山ドームですが、

ここ最近はすっかり優しくなって山の季節を楽しみにしていた登山者を受け入れてくれて

いるかのよう。とは言え、自然はいきもの、いつか刃を剥くことも忘れてはいけません。

 

たっぷりとエネルギーを補給した後は、次の目的まで急ピッチで歩を進めます。

同じコースでの下山ですが、そこに待っていたのは登りでは気付かなかった錦秋の世界。

 

傾きかけた柔らかい秋の陽光が色付き始めた紅葉を鮮やかに際立たせていました。

 

紅葉を撮る。最高のお天気、絶好のタイミングで来れて幸せもんです。

 

やばっ、カメラが仕舞えない、なかなか先に進めない。嬉しい悲鳴(^^;

暫し紅葉ショーで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい紅葉に一喜一憂、先週苦しんだ十二曲がりの難所もあっという間にやり過ごし、

黒沢橋から覗く黒沢の水面に未練たらたらとイワナ姿を探してから(笑)ダラダラ木道を

延々歩いて無事に登山口駐車場に帰着。

 

帰りの途中、定番の杉野沢温泉で汗を流して、かんりさんと”ご苦労さん”でお別れしました。

機会があれば、初冬の”凛”とした空気の中、冬晴れの五岳山頂からの眺望でも如何?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.10.11 Tuesday

雨中の二山踏破

三連休初日の土曜日は信頼するYahoo!先生によると夕方まで何とかお天気が持ちそうなんて

軽〜いノリでサクッと妙高山にでもと早起きして向かったものの、下界で”くもり”は1000m

を超える山では”雨”ってことをすっかり忘れていた私(わたくし)。

 

 

とは言え、一度こうと決めたことはなかなか後戻りが出来ない生真面目な性分で、登山口の

笹ヶ峰を出た7時頃は霧雨程度だったのに、十二曲がりをやり過ごし、富士見平に着く頃には

しっかりした雨降りに。後悔先に立たず、こうなったら山頂目指してワシワシと前進あるのみ。

 

そしてようやく着いた大倉乗越(おおくらのっこし)、いよいよ妙高山頂アタックのスタート

地点となります。思えば妙高に登ったのは遥か20年以上も前。あん時は火打山からの縦走だったか、

まったくルートは覚えていないほど前で…。

 

今回はお馴染みの火打登山道から黒沢湿原経由で外輪山を乗越えて一気に登頂を目指します。

 

昨年の(渓流の)オフには北信五岳のうち登り残した三岳(飯綱・斑尾・黒姫)を急ピッチで

やっつけましたが、妙高は登ったことがあったのでパスとしていましたが、何となく自分の中

では不完全燃焼。ここは一発登ってスッキリしましょと、前日に思い立ちました(笑

 

百名山でメジャーとこなんで、いつもの調子で軽い気持ちで向かいましたが、これが登ってみると

なかなかハード。雨のせいで足元がぬかるみ、木の根や岩が滑りがちだったんで何時になく慎重に

なったせいか、思ったより時間が掛ったし、体力も消耗しました。

 

眺望もこれじゃ気も紛れませんしね〜 ただ黙々と歩を進める山登りは久し振りでした。

 

山頂までのダラダラの急登が長いこと長いこと。ようやく北峰に立ったのが11時前。

笹ヶ峰を立ってから約4時間、この悪条件ではこんなもんか。

 

山頂もこの状況で、あまりの寒さと味気無さで、おにぎり1個かじって早々に下山。

後から思ったんですが、最高地点は南峰(2454m)なんで、なんとなくやり残し感。

 

下りは登りよりもさらに慎重に。雨で濡れた岩は凶器そのもの、転倒即大けがですから。

 

巨大な岩塊をえぐった廊下。晴れていればここからの眺望は見事なことでしょう。

 

 

黒沢池ヒュッテを望みつつ先を急ぎます。それにしても印象に残るデザインの建物です。

 

黒沢湿原。霧が立ち込める池塘。

これはこれでなかなか幻想的でよいもんです。

 

黒沢の源頭。数年前、黒沢橋から釣り上がって辿り着いたところ。とんだ冒険したもんだ(笑

懐かしい思い出です。

 

そして、4時間(登りと同じ)かけてようやく登山口に。疲れましたの一言。自分にご苦労さんです。

 

さらに、、、中1日の体育の日。この日こそはとYahoo!先生を信じ込み、向かった先は

海谷渓谷を臨む駒ヶ岳へ。

 

何処へと色々迷いましたが、海谷渓谷への釣行の折、以前から気になってたこの山。

駒ヶ岳なんて一端の名前ついているけど1500m程度でしょ。妙高のリハビリのつもりで

ちゃちゃっと登っちまおうと。YaHoo!先生!今日こそは”くもり”でしょ?え、え〜

霧雨って?でも、毎度のこと。後ろ振り返りませんから(苦笑

 

紅葉も早いんだか、遅いんだか、妙高もそうだったけど、今年の秋は季節の進み具合が

どうなんだか…

 

ぼちぼち色付き始めたって感じですかね〜

 

あっと言う間に山頂に着いたようだけど… これがなかなかどうして。

 

虎の穴ならぬ、トラの縄地獄の直登の連続。片道2時間の行程の約6、7割はこんな急な

登り。まるでアスレチックのような…。

 

縄梯子もあり。

 

日本海(姫川河口)を眺望するひと時の後も

 

アルミ梯子あり。

 

ちょっぴり舐めていましたが、行程は短いもののなかなかのスリルを味わえる登り応え

のある”駒ヶ岳”でした。

 

ダイモンジソウ。

 

使われているのか?使えるのか?鍵が掛かっていましたが、なかなか雰囲気のあるロッジ。

予約すれば利用できるのか…。

 

往復4時間、リハビリのつもりがそれなりのガッツリな登山となりました。今度はお天気の良い日に

先の鬼が面から鋸山に足を延ばしてみましょう。

 

最期に小谷村に足を伸ばして、露天風呂で2日間の疲れをしっかり癒して帰途に。

 

雨に祟られたこの連休。オフのスパート登山にはこんな天気廻りも仕方がありません。

来週こそはスカッとした秋晴れの山登りを期待したいものです。

      

 

 

 

2016.10.02 Sunday

秋晴れディープブルー&ピンク

渓流シーズンも無事終了し、迎えた最初の週末は、”祝”秋山シーズンの開幕です。

 

9月最終週は秋雨前線に祟られて、最後の悪足掻きも木っ端微塵に… 潔くスパッと

切り替えです(^^

 

さて、この秋から晩秋にかけてどんな山に登ろうか…? 取り敢えずは近場の米山に

足慣らしに。スカッと晴れあがった抜けるような秋空のディープブルーと今が盛りと

咲き誇る秋桜のディープピンクが印象的な山行きとなりました。

2016.09.25 Sunday

激流に挑む!

前節は渇水に泣かされ、今節は一転して激流に… 今シーズンの後半戦はなかなか

ちょうど良いという状況に出会えなかったな〜。

 

とは言え、限られた日程での釣行では危険を顧みずとは言わないまでも、立ち向かわなければ

ならない場面もあるものです(そんな大そうなものでもありませんが…)。

 

まとまった長雨の後、大物が騒ぐと思い込んで疑わないこの方と自分。やっぱり何です…^^;

 

こうなるとキャスティングの技術やフライが合う合わないとかの問題よりも、一番大事なのが

渡渉・遡行の技術。あとは絶対来るって信じることと病的な執念(笑

 

激流に押されながらワシワシと釣り上がり、「今日は絶対出るって雰囲気プンプンですよ」って。

幸せな二人です。顔合わせて笑っちゃいました。

 

そして、頑張る人には来てくれるもんです。

 

さらに本命も… 25cmのオス。厳しい状況の中での価値ある出会いでした。

 

Mさんも良型のヤマメを激流から引きずり出したようで… 流石ですね。

 

もう少し水嵩が引けば、通い続けたこの川で念願の尺ヤマメか?と夢は膨らみますが、

悲しいかな間もなくシーズンも終了。もう一回くらいチャンスもらえるかな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.18 Sunday

渇水に苦しむ・・・

台風16号の接近で秋雨前線が刺激される前にサクサクってやっちゃおうと訪れたのは、

前回時節外れの5月に挑んだこの河川最上流の区間。通年であればあの時期には完全に

雪渓で閉ざされている流れですが、今冬の少雪で下流域の1月以上早い最盛期の訪れに

気を良くして挑んだものの、流石にそこは深谷の源流…敢え無く敗退となった区間。

 

今回はそのリベンジをと意気込んで、MTBを引きずってここまで約2時間のアプローチ。

最近はすっかりお気楽な釣りにどっぷり浸かっている自分。やっぱりこの歳になると

身体は正直なもの。暑さもかなり落ち着いたこの時期にもかかわらずヘロヘロになって

目的の流れに到着。すでに釣る前に疲れ切ってしまい、体力の落込みを痛感した瞬間。

歳を取れば取るほど自分を甘やかしてはいけませんね…。

 

そして、川を覗けば… 今年は全国的に台風による影響と前線の停滞で各所で災害を被る

大雨が続いている中、本当に幸運にも大きな影響もなくこうして川で遊ばせて貰っている

身なんで贅沢を言ったらバチ当たっちゃいますが、こうして少雪の影響を最後まで引きず

った状況で… こちらの河川は何処も高い山から一気に急流となり流程が短い分、たっぷり

雪が降らないと水が持たないこと、改めて実感させられたシーズンとなりました。

 

こうなると釣り人の密度の低いこの区間でも渓魚達はめっきり神経質に。ほぼ水たまり状

となった薄い流れに、技術が許されるだけ遠くから17番以下の小さめのフライを投じても

”ピらっ”て一回見に来るだけ、2回目は無し。たまに咥えてくれても煮干しかシシャモサイズ。

 

なかなかテンションの上がらない中、既にこの区間の最終堰堤に早目の到着。普段は豊富な

水量を蓄えているこの堰堤も、メチャくちゃクリアーな状況で期待は超薄だったのですが、

こんな状況だからこそ魚が居れば見えるのも堰堤プールのワクワクするところ。

そぉ〜っと左側のプールを覗き込むと、大き目の魚影が流れ出し近くを下層から中層、中層

から下層と… プールの深みに入ったり、また戻ったり。その一部始終が良く観察できます。

 

こういうの見つけただけで、これは戦えると嬉しくなる… これこそフライの釣り

を志す者にとってアドレナリン出まくりの瞬間であり、至福(となる?)の時間。

取り敢えず6Xティペットに結ばれたままの#16アントパラシュートを流れに

戻ったところを見計らって優しく流れの上方に載せます。

 

 

ハードシェルのためポトリと落ちた強めの波紋で「こりゃ拙い!」と…でも魚には

大きな動揺もなく、無視してゆっくりと深みに。でも見える程度の開きの深みで、

落込みの下に潜り込むような警戒心は感じられないため、こりゃ遣り甲斐ありと

ニヤリ(この微笑み、傍から見たら病人です)。ここからが圧倒的に楽しいんです。

 

気を取り直して、逸る気持ちを抑えて、7Xティペットを長めに足して、この日

もっていたテレストリアルのフライBOXの中で一番小さい#19フライングアントを

取り出し、老眼を擦りながらアイに。なかなか通らん… ニードルでほじくって

2回3回… プールをチラ見すると流れに戻ってまたゆらゆらと… 気が焦る…

空にかざして(最近は何時もこんな)ようやくアイ通して結び目を確認。

 

 

よっしゃ、とロッドをバックキャストに移すと、あらら…長いティペットがベストの

フォーセップに絡んじゃってる… 気が焦る…

 

何とかキャスティングに移行。フワリと上方に着水。今度はCDCが効いて落下傘降下

でいい感じ。しかし、流れがゆる過ぎるせいかなかなか定位している所に届かずに

異常なし。何度か投じるうちに渓魚は流れから深み方向に移動し浮沈の繰り返し。

 

ローテーションかとも思ったけど、今度は真上にと投じたフライが着水した瞬間に

突然の急浮上。初めての反応でしてやったりのフッキング。してやったりの最高の

シュチュエーションとなりました。

 

そして手元のネットに収まってくれた美形尺イワナ。32cmありました。

沈黙を破った諄い長文(笑)はこの位にして… 後は写真で…

久し振りにゆっくりとした撮影会。こちらも十分諄いって?(苦笑 ごめんなさい。

 

ススキの穂も目立つようになって、いよいよシーズンも大詰め。あと何回行けますか…

また素敵な思い出を残したいものです。

 

 

 

2016.09.11 Sunday

初秋を釣る

 

台風一過、絶好の秋晴れの中、かんりさんと高地の渓でイワナ達と遊んできました(^^

減水の影響もあり渓魚たちの活性はもう一つでしたが、久し振りの山岳渓流と露天風呂

を堪能出来て楽しい初秋の一日となりました。かんりさん、またお付き合い下さい!

 

翌日は打って変わっていつもの本流域。

Mさんの調査報告をもとに謎の巨大魚狙いにいそいそと鼻息荒く(笑)出かけましたが、

ご覧のような驚きの渇水でほとんど釣りをさせて貰えず、謎の巨大魚はに翻弄さるばかり。

シーズンもあと僅かですが、またまた大きな宿題を頂いちゃいました(^^;

2016.08.05 Friday

いざ、飯縄山へ

今回で三回目(三年目)となる高校同級生(B&T)との中年体力確認登山(笑

 

この山、自分は今回で4回目ですが… 3者3様、年齢見合いに自分のレベル(まだいける?

いや、こんなもの?、ちょっとキツイわ…)が確認できたことでしょう(^^

 

帰りにおいしいお蕎麦をいただいて。次回は秋に紅葉でも… レベルは上げる?落とす?

 

 

 

 

2016.08.04 Thursday

汗で釣る

猛暑の本流、まさに”汗で釣る”を実感した釣行となりました。

 

そして… 今回もまずまずのヤマメに会えて、いよいよ尺までカウントダウン?

あと一寸、秋にはきっと…!?

2016.07.24 Sunday

夏本番のイワナ釣り

梅雨が明け、いよいよ夏本番。涼を求めて緑水の渓へ。イワナ達も少し夏バテ気味だったかな…。

 

久し振りにParmarkさんと一緒にのんびりと、まったりと… 楽しい釣行となりました。

 

Parmarkさん、大変お世話になりました。また出掛けましょう! 

 

 

2016.07.23 Saturday

尺までとどくか?

同病者Mさんと開拓した(と思っている…)この区間。P−カンの叩き上がりは修行だけど…

 

 

さて、さて、シーズン終了までにどちらが先に尺までとどくでしょうか?

 

まだまだ修行は続きます…。

 

 

 

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM