2019.01.31 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.10.07 Sunday

秘境の百名山「平が岳」に挑む

この週末は越後と上州を跨ぐ秘境の百名山「平が岳」に挑んで来ました。

 

台風25号が接近する前に、前回、鹿島槍ヶ岳に登頂した勢いで(笑)本家の”槍の穂先”をサックって

やっちゃおうかと企てましたが、岐阜高山地方は生憎の雨予報。それでは何処に…とっ、ひらめいた

のは何時かはやらなければと密かに決めていた「平が岳」。

 

Yahoo天気を確認すると奥只見地方は完璧晴れ予報、さらには台風の影響で気温も上がるとなれば、

このタイミングが2,000mを超える山ではラストチャンスと思ったらもう止められない…やる気(笑

 

今回はテンカラ・Kさんを巻き込んで(いや、お誘いして)思い切って”やっ!て。

 

それにしてもこの百名山、噂に違わぬ過酷な百名山。基本、何時ものように自宅からの日帰りですが、

車でのアクセスで約2時間半。北陸道から関越道、小出ICから恐ろしい(失礼)奥只見シルバーライン

の長い長いトンネルを経て、尾瀬方面へ延々と奥只見湖岸のグネグネ道をやり過ごした果て、鷹ノ巣

からの登山口。

 

神経すり減らす未明のドライブで、ここまでで既に縮こまっちゃったんですが…登山口駐車場に着く

と、既につわものどものマイカーが溢れんばかりで。日没の早いこの時期、皆さん、日の出を待たず

にヘッデン点けて登っているのか?それとも夜明け待ちか? 取り敢えずお仲間が沢山いたことで、

俄然”やる気”復活!

 

午前5時過ぎ、空も白みだしているんで、何はともあれ早々に支度を済ませてヘッデン照らして登山道

を”爆進”することに。往復12時間と言われているこのルート、とにかく歩を進めなければ、日暮れ前に

帰って来れないかもと言う無言の脅迫感、この時点で既に”際どい山”であることをヒシヒシと痛感する

ことに…。

 

林道経て本格的に登りだすと、間もなくの急登。そして、ゴツゴツ岩が露出したやせ尾根ピークが連続

する果てしないアップダウンの嵐。この最初の難関をやり過ごすまでに体力の半分以上が疲弊(苦

 

それでも、こんな鮮やかな朝日を受けて輝く紅葉が眼に飛び込み、尾根を渡る気持ちの良い風に吹かれ

ると、またリセットして頑張ろうと… 疲弊とリセットの連続、そして、あとは精神力だけ(^^;

 

苦しんで標高を上げたご褒美、紅葉・針葉樹・遠くに見える山並みが見渡せて…癒されます(^^

 

晴れればこのように絶品な稜線の景色が、この山が辛くて長くとも百名山に選ばれた所以なんだなって

実感します。でも、平が岳山頂は遠い遠い先なわけで…とにかく歩を前に進めるのみです。

 

歩いた、登った、前進した、ああ、ここまで来たか…そろそろ「平が岳」なのか?突出したピークでは

ないため目標が定まらないのもこの山の厳しさかもしれませんが、でも、確実に近づいて来ているよう。

 

山頂に近づくと、山の名の通り一気に穏やかに平坦な景色となり、気持ち良く広がる湿原の中の木道

歩きはここまでの疲れを癒してくれます。

 

そして、ようやく着いた山頂一等三角点を挟んで…簡単に来れない高みで踏破した証しを残しました。

 

枯れ色の湿原、池塘、そして木道、これが幻の「平が岳」の正体。大変だったけど最高の天気でここに

来れて… 感無量です。

 

南方向には凛とした「燧ケ岳」のツインピークも間近に。

 

山頂での”憩いの時間”も早々に、日が暮れる前に登山口に戻らなければならないために折り返し下山へ。

 

西に傾く陽光に輝く、錦秋を満喫しながら慎重に下りの歩を進めます。これがまた長くて長くて…

 

よくもまあこんなところを登って来たと、驚愕の悲鳴(笑)を何度も何度も連発しながらようやく帰還。

歩きに歩いた往復11時間。自分を含めて、このルートを踏破した皆さんに「よくがんばりました!」

って心の中で… 

 

これ以上ないタイミングで登れた素晴らしき「平が岳」もう絶対に来ることはないでしょう。誓って(笑

 

テンカラ・Kさん、また来シーズンに…”際どい山”お付き合い下さい。たいへん大変お疲れ様でした。

 

 

 

 

2018.10.03 Wednesday

この夏の宿題、秋に提出完了

スタートの大谷原登山口、大冷沢川に架かる橋から朝日に焼ける爺が岳を臨む

 

天候不順で持ち越しとなっていた今夏の宿題”鹿島槍ヶ岳”登山。台風24号一過の晴空を狙って”やっ!”

って、思い切って行ってきました。登山は時間が許されるなら、お天気を見て好天が見込まれる日を

選んで”やっ!”って。大事な一番では、こんな感じで思いっきり良くが自分のポリシー(笑

 

基本、日帰りハード登山オタクなんで、今回も相当へそ曲がりなマイナールートを。って言うか…

自宅から近い位置関係で選んだ「赤岩尾根ルート」ですが、結果、行程距離が長く、勾配も大きい難易

度の高いルートであったことを後で気付いた次第(苦笑

 

詳しいルート紹介は信頼できるガイド記事等を参考にして頂くとして、以降は何時ものようにルートに

沿った写真紀行ということで失礼を。

 

南方(鹿島槍ヶ岳山頂)からの展望は臨めなかったけど、復路では青空をバックに素晴らしいピーク

も仰ぎ見ることも出来て、往復で約10時間の長丁場でしたが、何とか無事に遅れていた夏の宿題を提出

できて…ようやく肩の荷が下りたという感じ(笑

 

山頂で出合った方が言ってらした「山は麻薬だって、一度嵌ったらなかなか止められない。次から次と」

危ないアブない…渓流シーズンが終わったと思ったらもうこれですから。さて次は…?。

 

 

 

 

 

 

2018.09.29 Saturday

2018シーズン最終章

今シーズン、春先から足繁く通ったこちらの流れ。そして、ラスト釣行もこちらで締め括ることに…。

 

終日、雨模様で気温も水温も低く渓魚たちの活性は渋かったけど、最後にこんな美形ヤマメに会えて…。

目標の大台には届かなかったけど、この子のお蔭で心残りなくシーズンを終えることが出来ました(^^

 

雨に泣かされた9月だったけど、10月は好天を期待して… いよいよ秋山シーズンの開幕、またまた

忙しくなりそうです(^^;

 

 

2018.09.24 Monday

西へ東へ…楽しかった!トリップ釣行

シーズンも大詰めして、久しぶりのヨッシーとの釣行。まずは西の美渓をご案内。

 

ここ最近の雨続きの影響で水量も多く低水温、釣果は今一だったけど、ヨッシーには良型イワナも来て

、白岩碧水の渓相を堪能いただいたようで良かったです〜(^^

 

午後からは一気に東へトリップ。今度はヨッシーのガイドで最近 良型ヤマメで実績のある山間の集落

を流れる大規模な里川へ。こちらの河川は水量が安定していて、沢山の底石が点在。確かに良型ヤマメ

が育つには好条件が揃った流れでしたが…

残念ながらヤマメには出合えなかったけど、来シーズンに繋がるフィールド調査となりました。

 

西に東に少し(かなり…?)忙しかったけど、こんな欲張りな日帰り釣行もたまにはありかなって(笑

そして何より釣りという共通の趣味を通して、釣りの話題ばかりでなく、むかし皆でバカやったこと、

最近の子供たちのこと、仕事のこと…etc. ちょっとだけ奥さんのこと(笑)、あることないこと色々と

ゆっくり話すことが出来て、超楽しかったなぁ…

 

ヨッシー、今回はありがとね。来シーズンは是非、渓キャンで一杯酌み交わしましょう!

 

2018.09.20 Thursday

この大渓流、やっぱり半端ないって!

禁漁まであと10日余り… 毎年、テンカラ・Kさんと良い時期を選んで訪れているこちらの大渓流。

 

夏以降、お天気廻りがなかなか合わずに伸ばし伸ばしになっていましたが、ここをやらずにシーズンは

終えられないってことで、秋晴れが望めてコンデションが良さそうなウィークデーにお休みをいただき、

思い切って行って来ました。

 

ところが…空模様も渓流のコンデションも微妙な一日でしたが、なんとかノルマを達成できて良かった〜

そして、あらためて実感したこと… 「この大渓流、やっぱり半端ないって!」(笑)

 

テンカラ・Kさん、今日は大変、たいへんお疲れ様でした。また来シーズンも、日々研鑽を積み重ねて、

この半端ない大渓流にチャレンジしましょうね!

 

 

2018.09.13 Thursday

8寸の壁は超えられるのか…

Nori Noriと落ち合い、雨後の里川へ秋ヤマメを探しに… もちろん狙うは”シャッくん”なんですがぁ

これ、この”フライ馬鹿”ふたりの共通の目標(鼻息荒すぎ!? 

 

朝方までの雨の影響が思ったよりも残っていて、タフなコンデションの中で何とか手にした一尾。

 

結局、今回も8寸の壁を超えられず…

 

あと何回行けるのか?ああ、”シャッくん”に会うには絶対的に時間が足りん(^^;

 

 

2018.08.26 Sunday

晩夏の源流行

晩夏…と言っても、連日 盛夏を上回る猛暑日が続いているここ数日。この暑さ、残暑とかいうレベル

ではなく、2〜3日前には40℃に迫るこの夏一番の暑さを記録。「もういい加減にしてくれ!」って

叫びたいほどで、初秋の到来が待ち遠しいばかり…。

 

そんな時は山に逃げるに限るって、今週末は北アルプスの鹿島槍登山を計画していたんですが、通過

したばかりの台風20号の影響が残る状況では、夏山の抜けるような青空が望めませんし…山は逃げな

んで次回のベストなタイミングまでお預けに。

 

代わりと言っては何ですが… 少しは”涼”が期待できる高地の源流へイワナに会いに行って来ました。

実はこっちが本命だったりして(笑

 

近隣のどこの渓もいまだに渇水を引きずっているというのに、こちらはそこそこの水量が保たれていて、

今冬の豪雪貯金のおかげでしょう。水源の2,000m級にはこの時期でも残雪が見え、雪の恩恵は大きい

ですね。

 

そして、その雪の恩恵がこんな素晴らしいイワナを育む。

 

先行者2名の後追いでハイプレッシャーの状況でしたが、上写真の水面粗くこじんまりした流れから、

驚くほどの電光石火のアタックでこのサイズ⁉ 32cmの完璧なコンデションの雄イワナを手にする

ことが出来ました(嬉

 

一生懸命、イワナに会いたい一心で沢を溯ってここまで辿り着き、ほぼほぼラストチャンスでこの1尾。

この渓では信じられないほどの低活性で、終わってみればまさかの5打数2安打(3バラシ)。その貴重

な安打が逆転さよならHRって…それも流れで。長いことやってこんなシュチエーションもなかなかない。

 

また一つ記憶に残る1尾となりました。

 

額縁(ネット)からはみ出す写真はやっぱりいい(^^ 毎回ですが長めに見とれてしまいます(笑

 

そして、いつも通り撮れ高も余計目に…ごめんなさい。 この勢いで今度はヤマメも…夢・夢・夢?

 

釣果は厳しかったけど、気温はさすがに7〜8℃低めで渓を渡るそよ風涼しく、帰りは強めの雨にも

打たれて、少しは”涼”を感じることが出来た晩夏の源流行となりました。

 

 

 

2018.08.15 Wednesday

超渇水…白い渓

前回、渇水ながらも好釣だったこちらの白い渓。今回は、気になっていたもう少し下流を釣ってみる

ことに。この渓に沿った林道は悪路のため、車をデポしてMTBで帰りの道を爽快に突っ走ってみたい…

こっちも一つの目的、いい年しても冒険心だけは衰えません(笑

 

いつも入る区間よりもかなりダイナミックな渓相で、絶妙に配置されたこの渓特有の白い巨岩を縫う

流れは、水量が多い状況ではアプローチが困難で、これまで釣り残していた区間。こんな渇水の状況

じゃなければ釣れないこともあり、思いっ切って入渓。

 

それほど釣り人も入った足跡も見当たりませんが、やっぱりこの超渇水では盛期のポイントからは顔

を出してくれません。ようやく釣れたこいつなんて、倒木下の深みから超高速アタックでフッキング。

 

良い時期のイワナの大らかさからは想像もできないほどで、まるで別の魚種のよう…激シブってのは

こういう状況のこと。FF WEB版の”渇水の渓の攻略法”を良く読んで来ればよかった…(苦笑

 

それでも僅かなチャンスでしたが数尾のイワナに会えて、厳しいこの状況下、初めての区間の調査とし

てはまずまずでしょう(^^

 

それにしても、お盆も過ぎようとしているのに、この連日の衰え知らずの猛暑。

下流域なんて水無川と化して、今年は秋のラストスパートなんて期待できるのでしょうか?心配です…

2018.07.28 Saturday

何所もかしこも渇水、でも釣果は…

猛暑続きでスッカリ水たまり状態の本流、イワナの渓。先行者もいたようで、きっと激シブなんだろう

なぁと覚悟していたのに…

 

入渓して5分ほどで行き成りこの良型、そして、ストマックからは…

 

ありんこの偏食で、結んだのは#11ピーコックパラシュートですが…(笑 

この季節の定番が大当たりで、終わってみればこの通り…

 

台風接近の影響かな?尺一寸も混じって、なんとも予想外な好釣となりました。こんな日があっても

いいかな… バチが当たりませんように…(笑

2018.07.16 Monday

リベンジ…酷暑の平標山

3年前の盛夏 松手山コースから挑戦し、登頂目前にして雷雲の接近で撤退を余儀なくされた南魚沼市と

みなかみ町に跨る平標山。

 

前回、登り始めから中継地点の鉄塔までが超急登コースで30℃を超える猛暑の中、へとへとになったこ

とと、群馬県側から近付く稲妻と雷鳴の恐怖が思い出に残るだけ…。

 

今回はのんびりと緩やかな木段と木道を登る平標山の家経由で山頂を目指すことに。お供は高校の同級

生のT君と二人。今回は仕事の都合で不参加のB-君に山頂の風景を届けるために、30℃を超える酷暑の

中、頑張って何とかリベンジを果たすことに成功!

 

それにしても今回も暑かった… でも、尾根筋を吹き抜ける風の清涼感は最高!救われました(^^

 

次回はB-君も是非都合を合わせて、錦秋の雨飾山に挑戦しましょう!

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
  • 極寒と白と青の世界、戸隠鏡池
    KID (02/01)
  • 極寒と白と青の世界、戸隠鏡池
    K (01/31)
  • 極寒と白と青の世界、戸隠鏡池
    KID (01/31)
  • 極寒と白と青の世界、戸隠鏡池
    テンカラ:K (01/31)
  • 2019年が明けて…快晴、初春、初滑り
    KID (01/05)
  • 2019年が明けて…快晴、初春、初滑り
    K (01/05)
  • リベンジの青海黒姫山…驚きの雪山行
    KID (11/27)
  • リベンジの青海黒姫山…驚きの雪山行
    K (11/26)
  • リベンジの青海黒姫山…驚きの雪山行
    KID (11/26)
  • リベンジの青海黒姫山…驚きの雪山行
    てぃこま (11/26)
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM