<< ヤマメ三昧 | main | 迎撃の夏、山渓イワナ釣り >>
2018.06.24 Sunday

曇天の本流…ヤマメ飛び出す

久し振りに訪れたこちらの本流。昨年秋の大型台風で大量の砂礫が運ばれたのでしょう。それまでの

太い流れが狭くなって右岸側に偏ってしまい、大きく様相を変えてしまったこの区間。

 

去年までは渡渉に困るほど滔々と流れていたのに… こんな状況でもヤマメ達はしっかり命をつないで

くれているのか?そして、僅かなポイント、強く激しい流れの脇に出来た短い還流帯にフライを流すと…

 

いるじゃん!ちゃんと命をつないでいるじゃん!定番の沈み石前、深みから着き上げるような出方で。

 

なんと、このポイントで一回り小さいのと2尾のヤマメが… 曇天で今にも雨が降り出しそうな空模様。

期待はしていたのですが、きっと夕刻近い時間帯と流下もマッチしていたのか?因みに結んでいたフラ

イは、ラスティーカラーの#13スピナーパラシュート。

 

答え合わせはと言うと…

 

フライングアントやら、オドリバエ?やら、陸棲一辺倒で大外れ。強い流れでのパイロットフライは

視認性が一番ですからね!こんなもんでしょう(笑

 

気を良くして気になっていた流れのある下流へ移動。上流とは打って変わってこの流れ、深く長い緩流

帯。こんな流れを見ると、大型のヤマメがドルフィンでタテパク、絶対でしょう!と疑わない。幸せな

ヤツです(笑

 

ねっ!信じる者には必ず来てくれるんです。下流側、上流側、流れの手前、中央の波々、流れの奥、

岸際いっぱい、な〜んにも起こらないのに、いつかきっとと信じて、何十回投げたことでしょうか。

 

その時は突然やてくるから止められないんですよね〜 やっぱり、個人的に大好きな流れの奥の方で。

ロングドリフトにす〜っと浮上してきて、1mほど後追いしてしっかり咥えてくれて、タテパクじゃな

かったけど、心に残る良い出方をしてくれました(^^

 

8寸クラスでしたが、グリーン懸かった体色にしっかりしたパーマークと体側に沿った朱色が美しい。

やっぱ、ヤマメはいいな〜 あらためて…。

 

なかなか8寸の壁が超えられないけど、次こそは…。

 

 

2018.09.13 Thursday

スポンサーサイト

コメント
綺麗なヤマメ
大水の時魚達はどこへ避難してるんでしょうかね?
あれだけの大水なのに、ちゃんと生き残っている
でもそうやって大昔から命をつないでいるんですね。
いるところにはいるんでしょうけど
ボクが行く流域ではなかなかヤマメに会えないです。
てぃこまさん、こんにちは。

イワナに比べヤマメは危ういですね。
とくにこんな本流は大水が出ると流れが
一変してしまうし、去年良かったなんて
全くあてになりません。大体は状態が変
わってしまいますし、2匹目のドジョウは
ないのが普通。でも、いい思いが忘れら
れずに足を運んでしまう…
何回裏切られたことか…でもその瞬間が行
きなり来るから止められない。毎年、そ
んなことの繰り返しです(苦笑
  • KID
  • 2018.06.24 Sunday 17:02
綺麗なヤマメですね。川石が白いとヤマメも明るい色になるのかな?ヤマメ、アマゴの引きはたまりませんね。
  • K
  • 2018.06.24 Sunday 20:23
ワールドカップとヤマメのハイシーズンはずらしてほしい。
FIFAに強く抗議したい。

おつかれさまです。
土曜日、先週結果の出た本流ですっぽ抜け病発症。
ボウズくらって帰宅→ワールドカップ3戦→まったく起きられなくて昼過ぎから出動→KID情報嗅ぎ付けて性懲りもなく本流ねらい→30℃を超える本流の河原で焼かれる→またもやすっぽ抜け病発症→やっとのことで本流ヤマメキャッチ→ヘロヘロで帰宅→奥様と娘が「暑くてやってらんないから夕飯の支度してないし〜、ごはん食べに連れてって〜!」『え・・・?と、父ちゃん横になりたいんだけどな・・・』→どこも混んでて小一時間も待たされてやっとお食事→イングランド戦ぎりぎり帰宅→イングランド戦→日本VSセネガル→出社→マウンテンストリームFF雑記→会社のデスクで仕事してるフリしながら粗大ごみ化←今ココ

でっかいヤマメはどこに居るのかなー。

答え合わせしたら、カメムシ、ゴミムシ、羽アリ、オドリバエ、ケバエ・・・陸生昆虫手あたり次第食ってますね。
https://www.flickr.com/photos/26457042@N07/41181014910/in/dateposted-public/
Kさん、こんにちは。

ここいらのヤマメの川は開けた本流ばかりなんで、底石も花崗岩中心の白系統、
ヤマメもイワナもどちらかと言うと明るい体色が目立ちます。空からの天敵から
すると保護色で分り難いようになっているんですね、きっと。それでもアオ鷺は
よく目に付きます。どこも本流は鳥と餌釣りとルアー、フライでの争奪戦です。
そんなこともあって、賢い年を越した大物はなかなか真昼間から顔を出してくれ
ません。
  • KID
  • 2018.06.25 Monday 16:47
すっぽ抜けMさん、お疲れ様です。

同感です。こんどのカタール大会は禁猟の時期ですか?でもさすがに27時開始の試合
観て、午後から30℃の灼熱の本流に釣りに行く人なかなかいませんから・・・さすが、
何事にも真剣に向き合う姿勢には感服させられますよ〜 狂ですよ(笑
家族サービスなのか、脅迫されているのか・・・外食もしっかりお付き合い、なかなか
出来ることではありません。そして、未明2時過ぎまでセネガル戦!そら〜あんた
デスクで抜け殻(シャック)も無理ありません(笑
  • KID
  • 2018.06.25 Monday 17:16
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM