<< 雲上の越後駒ケ岳登山 | main | 冠雪の雨飾を仰ぐ >>
2017.10.22 Sunday

栂海新道を行く…白鳥山から犬ヶ岳へ

以前から気になっていた北アルプスの北端ルート、栂海新道。起点は糸魚川市の親不知、日本海に落ち

込む絶壁を縫うように走るR8沿線、さらにその直下の海岸線「海抜0」から。

 

そして今回は、市振から上路集落を過ぎ旧北陸道が交差する坂田峠から登ることに。白鳥山を経由して、

お世話になっている河川の水源が集まる犬ヶ岳を目指しました。

 

山々の色付きも今がピーク。やっぱりこの朱色は紅葉の定番ですが…

 

時折混ざるファジーな色合いもまた良いアクセント。

 

通過点の白鳥山山頂。避難小屋の屋上は展望台となっていて、晴れていれば360°のパノラマが楽しめま

すが、生憎今日はガスの中で残念。

 

白鳥山を過ぎるときついアップダウンの連続、下駒ヶ岳、菊石山と2つのピークを超えて行きます。

西側に切れ落ちた見通しの良い稜線からは心地よい風と見事な紅葉が目に飛び込み、疲れを癒してく

れます。

 

ガスで霞んだ幻想的なブナ林を縫って進むと…

 

一気に両側の展望が開けて…

 

栂海山荘も雲間に見え隠れして、目指すピークまでもうひと頑張り。

 

雲海の向こうには昨秋に登った能生権現岳と鉾が岳のツインピークや海谷山塊が、そして日本海を臨む。

 

前方が一気に開けるとガスも晴れてきて、山頂からの展望に期待が膨らみます。

 

そして、ロープ場の急登を這い上がると…犬が岳山頂の目前に立つ無人の山小屋、栂海山荘に到着です。

 

山荘前のテント場。こんな絶景臨むキャンプサイトにいつかは泊まってみたい。

 

西方面には9月に登った”雪と岩の殿堂”剱岳や毛勝の山並みか。殿堂はもうすっかり雪化粧。

 

ピークまでラストの稜線を暫く行くと… 何処、どこ?此処か?

 

見通しの良い稜線上に犬ヶ岳山頂が忽然と。小さなピークですが最高の展望。登って来た稜線を滝の

ように下る雲海が見事でした。

 

晴れ渡ったパノラマビューも見たかったけど、こんな稜線を割る雲海の景色もまた貴重。今年は雲海

の当たり年のようで…

 

南方面は長栂山から朝日岳へ、稜線に続く栂海新道。何時かテントをもって縦走してみたいものです。

 

奥に聳える青海の黒姫山と、眼下に折り重なる数々の谷筋。この一帯が日頃お世話になっている河川が

生まれる源です。しっかりと見届けましたよ。それにしても豊かな…。

 

往復で8.5時間 日帰りにはちょっと大変な行程だったけど、幸運にも山頂からはこんな別世界の展望

が拝めて…頑張った甲斐がありました。でも、さすがに疲れた(^^;

 

 

2018.08.15 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
おつかれさまでした。

母なる山は美しい稜線にあったのですね。
雲の海を割って稜線だけが果てなく続いてるって別世界の美しさだなー。
  • M
  • 2017.10.22 Sunday 06:44
Mさん、お疲れ様です。

「M」ミッション、コンプリートです!
次のお題は毛勝三山?今年はもう…でもチャンスがあれば(笑
それにしても”犬”到達は思ったよりもハードでした。行程時間
を多くとっている(坂田峠〜犬ヶ岳7時間)のは、すさまじい
アップダウンの繰り返しのためですね。なかなかガッツリと
やりごたえのある行程でした。でもあの山頂からの展望は一見
の価値ありですよ。是非一度は母なる山のピークへ。
  • KID
  • 2017.10.22 Sunday 16:45
雲海、見事です。しかしタフですね。連続登山。この時期にしか見れない景色があるから忙しいですね。
  • 2017.10.22 Sunday 17:36
Kさん、こんばんは。

タフと言うよりは病気です(笑 釣りもそうですが、山も中毒
性があって、見たことのない景色を追い求めていると次から次
へと切りがないんですよ〜 今秋、1000m超は残されたチャン
スも僅かですが、まだまだ低山はこれからだし、雪が降っても
行ける山もあって忙しい日々がまだまだ続きます(^^;
  • KID
  • 2017.10.22 Sunday 19:00
白鳥から犬へ
紅や黄色の葉っぱが綺麗ですね。
雲海から浮き上がる稜線も格好いい一枚
やはり登らないとみることの出来ない景色ですね。
てぃこまさん、こんばんは。

栂海新道は北アルプスの海側のルート、気にはなっていました
が、今回その一部を登ってみて意外とやりがいのあるルートで
した。特に”犬”への縦走は標高こそ1,500程度ですが、劔早月ル
ートに負けず劣らずの過酷さでした。でも、あの滝雲海で総て
が報われたって感じになりました。やっぱり魚も絶景も一期一
会ですね。
  • KID
  • 2017.10.23 Monday 21:26
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM