<< 雨のち源流 | main | 深緑の戸倉山から小滝川ヒスイ峡を行く >>
2017.06.24 Saturday

梅雨晴れの大渓谷に釣りに行く

待ちに待ったダイナミックな本流渓谷のシーズンがやって来ました。

 

 

足と汗で釣る源流釣行も魅力的ですが、こんな白い巨岩が配置された明るい渓で、変化に富む流れを

思いっきりラインを繰り出して大らかに釣る。釣り人密度の低い山岳渓流ほどの釣果はありませんが、

厳しい流れを交わして獲り込む渓魚の引きは中型クラスでも強烈で、一尾の価値が違うってか…

自分的にはそんなふうに感じています。

 

この日も決して好条件とは言えなかったのですが、見事に#11ピーコックパラシュートに騙されて

くれた良型イワナに感謝です。頻繁に訪れる釣り人に教育されているようで、渓は大らかでも渓魚の

反応は超渋で、教科書通りのポイントからは容易く出てくれないのもまたこの手の渓の特徴。

 

滅多に使わないストマックポンプでちょっと失敬すると、やっぱり水面での捕食物はなし。超渋な訳です。

今さらニンフの選択肢はないわけで、

ピーパラを#17にサイズダウンして水中揉まれ込み作戦に変更すると…

 

明らかに反応が違ってきます。まったく勝手な解釈ですが、こんなことをあれやこれやと考えながら釣る

のもまたマニアックで楽し!イワナが何を考えているかも、状況がどう移ろっていくかも凡人の自分には

はかり知れませんが…

 

何度ものキャストの後に何かのスイッチが入って、反転流の奥底から急浮上してドルフィンターンで捕食。

今度は#15ハードシェルアントで。

 

答え合わせをしてみると…

 

ポンプを差し込むと溢れんばかりに、水中、水面羽化、羽根もの昆虫類となんでもアリ、その中に甲虫類

も混じって、まずまず合格ラインと言うことで… 

こんな些細なことでも幸せな気持ちになれるって、フライフィッシャーって変わった生き物です(笑

 

思いっきりマニアックったんで、次回は忙しい釣りでも行きますかw

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.12 Sunday

スポンサーサイト

コメント
こんにちは 年間を通して16番のカゲロウパターンを使ってますが、夏から秋には大型のテレストを使います。ガバッとでる楽しみな季節がきますね。
  • 2017.06.25 Sunday 11:33
Kさん、こんにちは。

こらからアブが出るまでの約一月はこの釣りに
とって最高の季節を迎えますね!
自分はこれからはピーパラかアント一辺倒です。
それまで色々と巻きますが、実践のフライは
ほぼワンパターン。使わないフライが貯まる一方
です(笑
  • KID
  • 2017.06.25 Sunday 13:03
おつかれさまです。
磨かれた白い巨岩の渓は今が盛りですね。
魚のコンディションも良いし、でもそう簡単に出てくれないし、きちんと対岸の巻にフライが巻き込まれると、え?居たの?やっぱり???みたいに出てくれたりとか。

>使わないフライが貯まる一方です(笑
わかるわー(笑

ここのところヤマメを狙って翻弄されてます。
CDCエルクカディスに出た
CDCエルクカディス増産
CDCエルクカディス撃沈、クイルボディパラシュートに出た
クイルボディパラシュート増産
クイルボディパラシュート撃沈、ピーパラで出た
ピーパラ増・・・今ココ(笑

次はアントの予想なので、1個飛ばしてバッタとかカメムシとか巻くかな(どうせ使わないけど
  • M
  • 2017.06.26 Monday 12:00
M氏、おつかれっす!

あの手の大渓流は開けていてメチャクチャクリアで流れも複雑で、なかなか魚影は
確認できませんし、一発目でゆっくり食いにくることも少ないので、慣れないと
全然居ないジャンと思ってしまうようですが、ここぞと言うポイント(臭う場所
にシツコク攻めると瞬殺で食ってきたりする… そんなんが源流とはまた違った
緊張感で癖になりますね…でしょう?

自分もじっくりタイイングの時間は取れないんですが、出勤前にひと巻き、夕食
後にひと巻きを地道に積み重ね、アント、ビートル、ピーパラ、エルク(アンダ
ーウイングCDC)など、夏の定番を各サイズ取り揃えつつあります(^^
あとは尺やっくんを待つばかり…ハア はぁ(笑
  • KID
  • 2017.06.27 Tuesday 12:27
大きな石の間を流れる水
水量十分ですねぇ。魚のサイズも文句なし。
こちらの河川は、干上がりそうなところもありひと雨欲しいです。
今シーズン初の渓流は空振りでした。
週末は渓流へ行きたいです。
てぃこまさん、こんにちは。

増水時はとても入れる区間ではないのですが、この日は水量は若干多めでしたが、
さして渡渉に困ることもなく軽快に釣り上れたのですが、目だったハッチもなく、
水中のシャックや水面下に巻き込まれたオドリバエの類や甲虫を捕食していた
ようで、メイフライ系には全く反応無しでした。
こうなるとアリンコが威力を発揮!ちらほらと羽アリも出始めましたし、大量
発生、大量流下があればアントパラかフライングアントで爆釣ですよ(^^
  • KID
  • 2017.06.28 Wednesday 09:08
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM