2014.01.31 Friday

トレッキングポール


今年は精力的に山へ行こうと考えています。昨年も忙しい釣りの合間を縫って何とか4度の登山を決行。うち1度は未登頂ですが、今年はその倍を目標に。

何でも形から入るタイプなんで、トレッキングポールの一つも持っていなければと気合を入れて購入したのが、ブラックダイヤモンドのトレイル。昨年登って感じたことは、年も年なんで膝への負担を軽減するために支えが必要だなってこと。何でも若いころのようにがむしゃらは良くないってこと(笑)

近頃、盛んにBSあたりで冬山の特集やっていますよね。影響されやすい自分はすっかり感化されて(笑)
冬山に挑むには知識も技術もないけれど、いつかは…なんてね。取り合えずは3シーズンを頑張ろうってことで。

明日はトレーニングに近くの里山へ先日購入したばかりのわかんとトレックを持って遊んでこよう。

 
2014.01.26 Sunday

わかん


体力作りに里山でも歩こうかと思い立ち、スノーシューを買うほど本格的に頑張っちゃおうて感じでもないんで、取り敢えず比較的安価で、
小回りも効き、実用的(今年はないと思うけど、屋根の雪下ろしにも使えるし)でスタイリッシュなアルミわかんを購入。

選択肢は定番のエキスパートオブジャパンもあったけど、選んだのはこのマジックマウンテンのトレースライン。
エキスパート…より多少重めだけど、ダブルリングの留め金具が扱いやすく締め付けやすいとの評価もあり、こちらを選択。

解禁そして春の検診まで約ひと月。来週あたりからお天気を見て近場へでも出かけてみようかなって思っています。
2013.10.28 Monday

トレッキングシューズ新調


新調と言っても中古ですが、行き付けのアウトドア用品のリサイクルショップで奇跡的にフィットした一品。

SCARPA KINESIS MF GTX ソールはビブラムピューマ、アッパーはマイクロファイバー(人工皮革)、ライニングはゴアテックスという優れもの。made in Italyでございます。なんと市販の約1/3の価格で購入出来ました。


当然、中古なんで適当な汚れと、多少のソールの摩耗もありますが、自分のようなミーハートレッカーにはこれで十分。

このお店に顔を出す前に、スポーツ用品量販店で比較的安価で満足のいくシューズ何足かに目星をつけて、散々試し履きしてから1足に絞り込み、思い切って購入というところまで行ったんですが、ギリギリで思い止まってこちらに。

デザイン、カラー、クオリティ、全てにおいて大満足。こういうのって本当に気分良いんですよね(^^

ここのところなかなかお天気の出ない週末。今度の3連休には早速このシューズを履いて、紅葉の山登りに行きたいものですが・・・さてさて空模様はどんなでしょうか?
2013.08.21 Wednesday

新旧交代(チェストバッグ編)


長いこと使い込んだティムコ社のチェストバッグ。先日の釣行で大岩を乗り越そうと「えいやっ!」て勢いつけて上体を持ち上げた時、張り出していた流木に引っかけて、”ぶつっ”と言う嫌な音が。見ると、フロントスリングの片方の取り付け部が付け根から剥がれていました。

実はこれ2度目で、前回は反対側が同じように剥がれて、慣れない裁縫で縫い付けたばかり。今回も取り敢えずなんとか同じように補修しましたが、そろそろ第一線からは引退の時期かと・・・。

そろそろシーズンも終盤と言うのに、そう思ったらどうにも自分にブレーキの掛けられない困った性格なもので、、、会社帰りに吸い込まれるように何時ものショップに・・・。


そして、迷わず購入したのはpatagoniaの「ステルス・チェスト・スリング・パック」


7リットルの2層の収納は、大型のフライボックスやフロータント、リーダー&ティペット他、すべての小間物が十分に納まる余裕の容量。今までのチェストは間仕切りが少なかったため、頻繁に使用するフロータントなんかを取り出す時、手を突っ込んでガチャガチャと掻き回して大変だったけど、こちらは整理整頓が出来て使い勝手が良さそう。

少しずつ涼しさを取り戻してくるこれからの時期、普段であればベスト収納に戻るところですが、今年はOFFまでこのスタイルで。次回の釣行が楽しみです(^^

2013.07.30 Tuesday

新旧交代(俺の脚編)


7シーズン振りにサポートタイツを更新しました。こちらはこれまで俺の脚を支えてきてくれたノースフェイスのBIOTEX。 もうひとシーズン何とかと思い、ここまで履き続けましたが、ここに来て遂に膝が擦り切れ、強靭だった生地も透けるほどに伸びきって、肝心のサポート性能も半減といった感じに。


ザ・ノースフェイスのエンブレムは未だ誇らしげに存在を主張していますが、もうこの辺でどうでしょう。十分過ぎるくらいに働いてくれたし、俺の過酷な釣りスタイルにこれまで良く耐えてくれました。険しい源流にも何度、俺を運んでくれたことでしょう。ここいらでそろそろ殿堂入りと言うことに・・・。


そして、こちらが新しい俺の脚。BIOTEXは既に廃盤であり、プロデュースするゴールドウィンの後継機種「C3fit」スマートでスタイリッシュなエンブレムが眩しい。 アンダーウェアとしては些か高額ですが、サポートタイツは俺のスタイルには欠かせないアイテムであり、ウェーディングシューズと並ぶ最も重要な”釣り道具”という位置づけ。


ショップのレジスターに運ぶまでに迷いに迷いましたが、これでまた7シーズン履ければ安い買い物と自分をやっと納得させ(笑)、思い切っての購入となりました。

もちろん釣りばかりではなく、山登りにも大活躍してもらおうと思っています。早速、今週末の中央アルプス木曽駒ヶ岳のトレッキングで入魂の予定。

久し振りに”キュッ!”とした締め付け感を味わってきますね(^^
2012.03.24 Saturday

2012バージョン



今シーズンのフットワークを支えてくれる新しい相棒。

この頑丈な5レイヤーと快適なゴアテックスプロシェルなら、早春の里川の冷たく絡みつく流れに立ち込む時も、

遅くまで残る雪シロ・増水の強い流れを横切る時も、厳つい大岩の渓を力強く釣り上がる時も、魚止めを目指す長時間の源流渡渉にも、

茨や藪椿のブッシュを踏み分けて行く、ピュアな渓魚が待つ細流へのアプローチにも、そして、強暴なメジロアブの巣窟への突入にも、

きっと、安心して任せられることでしょう。少しばかり散財だったけど、自然に対峙する釣り師にとっては、しっかりした装備は保険のようなもの。

これから始まる長いお付き合い、よろしくお願いしますね(^^

2012.03.10 Saturday

スタンバイ



フライボックスを整理して、ベストに小物を詰め込んで、ランディングネットをセットして、何とか出動体勢が整いました。

だが、しかし、その気になるとお日様は微笑んでくれないものです。また、数日は雪マークが・・・。

なかなか思ったようにはいきません。三寒四温、焦らず、気負わず、一歩、一歩、前進ですね(^^

2011.06.25 Saturday

警告と防御



これからの季節、深山の”あの方”に会わないためにも・・・。

「警告」「防御」 えっ!防御!ムリでしょ!

出会い頭にあったら・・・?やっぱりこれじゃ役立たないよね〜

でも、取り敢えず次回の釣行から携帯しようと思います。

この週末は雨、雨、雨・・・。こんなにしっかり降ってると何となく「ホっ!」とします(笑)

後半戦に備えて完全休養です(^^

2011.04.24 Sunday

花吹雪



いつも思います。よい季節はまったく早足なこと。数日前まで満開だった桜も今は花吹雪。

桜の木々は薄紅色から若々しい緑色に少しずつ移り変わって行きます。

今日はそんな桜を惜しむように、花吹雪の中、幼なじみの”ぼーちゃん”家族と、うちの家族で
といっても奥さんだけですけど・・・(子供たちは大きくなって、誰もついて来ないと奥さん嘆く
こと、嘆くこと)恒例のお花見会。

ほんとは先週末に予定したんだけど、生憎の空模様。やっと最終日に集うことが出来ました。
ぼーちゃん、楽しかったね(^0^) また、来年やろうね!




そして、ガッツリ飲んで食って家に帰ると・・・

続きを読む >>
2010.08.16 Monday

ウェーディングシューズALL STARS

 

私の得意とするのは足で稼ぐFF ・・・となると、一番消耗するギアはウェーディングシューズ。

奥から順に

<リバーガイド タイプ3>  
足への馴染みが良く、山岳渓流でも疲れを感じません。傷みやすいサイドのシーム部
はラバーコートされていて、4シーズン目ですが縫製の解れ等はありません。

<FoxFire クイックジップ>
フィット感はピカイチ!シーズン中、何度か行く過酷な源流釣行には必ず着用。
ジッパーで脱ぎ履きは抜群ですが、フェルト前・後ろのスタッドは滑りの原因となり不要。
軽量な分、シームの解れが速く、アパーは短寿命の感あり。

<シムス ヘッドウォーターブーツ/アクアステルス>
アパーは薄めでホールド性能は若干劣るものの、苔なしの岩場や長距離の林道歩きには
ラバー底が最適。フェルトに較べて圧倒的に長寿命です。

<FoxFire ストリームウォーカー此
私的な感想では、国内メーカーで最強のシューズ。オイルスキンの質感が非常に良く、
使用後にミンクオイルで手入れをすれば撥水性もアップし、登山靴を思わせる風貌も
good! 永く使いたいシューズです。

<シムス リバーシェッドブーツ>
来シーズンを睨んで、この度新調したシューズ。メインフィールドの山岳渓流ではグリップ
性能に多少不安が残るが、何といってもリバーガイド同様にラバーコートされたサイド部が
頑強そうで二重丸。来シーズンはどんな処に連れて行ってくれるか?入魂が楽しみです。

他に使い捨て感覚のチョータ製のシューズが2足あり、これらをシーズン通して釣行に
合わせてローテーションしています。

それでも3〜4年生については、多少つま先部の痛みやインナーの補強財の割れなど
もあり、今シーズンでの引退もほのめかしていますが(笑)、フェルトを替えればまだまだ
現役で行けそうなので、シーズンオフはドック入り(3足)も計画します。

*シーム部解れ防止対策・・・使用前からアクアシールで補強すると解れませんよ。

FFや道具に対する考え方はそれぞれ違いますが、あくまでも足で稼ぐFFがメインの私の
場合はこんな感じです。

そろそろウェーダー(3本目)も新調かな!? うっ、財布の中身が大変なことに・・・(><;
一度、物欲に火が付くとこのお父さんの場合、なかなか消えません。誰か消してくれ〜!
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM