2017.02.19 Sunday

戸隠奥社から鏡池 氷点下のスノートレッキング

3年ぶりに訪れた戸隠神社。立春も過ぎ暦の上では春とは言え、標高1000mを超える

この時期の戸隠はさすがに寒かった。

 

奥社までの参道は氷点下5℃の気温でガチガチに凍てつき、スノーシューも要らないほど。

 

随神門をくぐって荘厳な杉巨木の並木道を進み、

 

少しずつ傾斜角度を上げて行くと…

 

最奥に2m近い雪に覆われた、と言うより埋もれた、有り難い奥社殿が姿を現します。

社の全景をカメラに収めたくても上半分しか写せません。この季節でなければ拝めない

貴重なお姿です。

 

参拝して一息入れた後、随神門まで一旦戻って、今度は鏡池に向かいます。

 

そして30分程のスノーシュートレッキングで着いた鏡池は当然完全に凍り付き、この池の象徴の枯れ立木と

並んで記念撮影。これもまたこの季節でなければ絶対に出来ない貴重な体験です。

 

レストハウスの軒をお借りして、暖かいカップラーメンとコンビニおにぎりでランチを

頂いた後、のんびりと森林植物園の中のコースを通って大鳥居に戻り着きました。

 

今回は3時間ほどのお手軽なスノートレッキングでしたが、戸隠牧場方面まで足を延ばせば、

一日ゆっくり楽しめる人気のスポット。この日もたくさんのトレッカーが訪れていました。

シーズンはこれからが本番。ご興味のある方は是非足を運んでみて下さい。晴れた日は最高ですよ!

 

帰りに妙高杉野沢の立ち寄り湯で冷え切った身体を温めて、ついでに日頃の疲れもしっかり癒し、

最高に贅沢な一日となりました。

 

そして、オプションの夜の部(こっちがメインだったりして…)もガッチリやって(笑

充実した1日を締め括りました。

 

お二人さん、また楽しいアウトドア企画で盛り上がりましょう!

 

 

 

 

2017.01.09 Monday

里山の恵みを探して・・・スノートレッキングとMTBライドの2日間

年末年始の長い休暇も終わり、新たな気持ちで仕事モードにスイッチを切り替えたと思ったらまたもや3連休。

なかなか本格的な社会復帰とは行きませんが、いつまでもお正月気分でもいられません。大晦日から三ヶ日に

かけてお腹周りに蓄えた脂肪を燃焼するには絶好のお天気となった初日は、テンカラ・Kさんと雪の山里に

スノートレッキングに。

 

しかし、今年の冬はどうでしょう。例年であれば少し山方面に向かえば積雪があって、目的の山里入り口集落は

スッポリと深雪に埋もれている頃。ところが何んと30cmあるかないかの状況で、スノーシューも必要ないかと

思いきや、さすがに小一時間も進むと目的の場所の山肌には1m近くの積雪が。少しホッとしましたが、それに

しても少ない。まっ、小正月頃からは本格的に降ることと思いますが、このまま行ったら今夏の渇水が少し心配

になってしまいます。

 

そして、ここまで来るもう一つのお目当ては冬の里山の恵み”ヒラタケ”探し。

 

これもまた期待したより少ない量でしたが、二人でカップうどんに添えるには十分。この季節ならではの山里

のごちそうをありがたくいただきました。プリプリの食感が堪りませんね。

 

そして、2日目。この日もまずまずのお天気ということで、”ジッとしていられない病”の自分はやっぱりジッと

していられないわけで、年末に手に入れた新MTBを駆り出してこんどは海方面の里山へ。

 

海岸線から登り下りで内陸の山間部の集落を二つ三つ経由して、数キロ西の海岸線に出るという太腿に

応えるストイックなライド。グーグルマップの位置情報で確認しながら、ルートを選んで進むという

冒険心をくすぐる楽しいプチ・ツアー。

 

こちらはさすがに海を臨む里山、標高はそれでも200〜300m程度はあるのですが、場所によってはこんな春

の兆しが。少しですが摘ませて頂いて大好きな奥様のお土産に。ふきのとうが大好きな、奥様ですから…(笑

 

何度ものキツイ登りをやり過ごし、スピード感あふれる下りの途中に車輪を止めて臨む雪を覆った山並み。

中央が11月初頭に登った権現岳、あれもまたキツイ山行でした。右手前は鉾ヶ岳、こいつは今秋に挑戦と

決めてます。そして左奥は9月に登った百名山の火打山、見事に真っ白な姿に。

 

ようやく5時間近くかかって到達した海辺の街並み、筒石集落です。前に荒海、後ろに山壁、厳しい環境

の中、ぎっしりと寄り添って立ち並ぶ瓦屋根の家々に言葉に言い表せない感動を覚えました。

 

そして、暫し海岸線をR8で並走。厳冬の日本海に身を任せる彼らサーファーもまた流石、好きこそ…ですね。

 

戻り着いた名立うみてらすのあずまやで。

 

暖かい飲み物とカレーパンで癒されてから、車で帰路に着きました。

 

またまた奇跡のお天気に恵まれた休日、脂肪の燃焼(?)と山の恵みのお裾分けを頂いた充実の2日間と

なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.02.01 Sunday

雪の里山 旬?の味覚


オンシーズンには足繁く通ったこちらの里山。この時期は別の目的で足を運びます。


スノーシューを履いて稜線まで上り詰め、木々が開けた見通しの良い場所から臨む、この渓の取水堰堤。あそこに辿り着くまではもう暫く時間が掛かりそう。


そして見つけた大物。折り重なった立派なカサが見事なこと。


何時ものように湯がいてカップうどんに浮かべてありがたく頂きます。お湯が沸くまでのひと時、堰を切るように溢れる話題は釣りのこと。やっぱり何処に行っても一番に盛り上がるのはこの話題。お互いに好きですね〜(^^


今まさに旬?の山の恵みに感謝して、サッポロラガーで乾杯!熱々のヒラタケうどんは最高でした(^^


絶対に裏切らない収穫と久し振りの山歩き。テンカラ・Kさん、お付き合いありがとうございました。またお天気を見て出掛けましょう!
 

2014.12.21 Sunday

雪に遊ぶ


雪に襲われ、雪と戦い、雪に疲れたここ数日。そして、ようやく冬型が緩んだ週末のひと時、あえて雪と遊びに妙高・戸隠へ行って来ました。


今冬、投入した新兵器。やっぱり新雪のトレッキングにはこれが欠かせません。道具一つで雪との向き合い方が変わるものですね。生活ではやっかい者の雪ですが、これでまた仲良く付き合えそうです。


束の間でしたが、久し振りの青空と木々の間から差し込む柔らかい陽の光が嬉しかった。


こんなの見ると、まだまだ長い冬だけどまた頑張れそう。


そして、ひとしきり歩いた後の熱いコーヒーともちふわパンケーキ。これ最近のお気に入り、おいしかった。


芽吹きには希望、新緑には期待、深緑には活気、紅葉には絢爛、落葉には完遂、そして冬枯れは無か?ただただ無心で上を見るだけ。こんな時間が欲しかった。


葉脈だけを残した葉っぱの抜け殻。こんな地味な被写体でも白一色の中では画になっちゃうのがいい。


冬毛に変えた野ウサギを目撃するも、足跡だけしか…。


春の準備はこの時期から始まっているんですね。


そして、戸隠ふたたび。


猛々しい稜線は雪雲で見えなかったけど、晩秋の登山を思い出して感慨一入です。

帰りに杉野沢温泉の立ち寄り湯で汗を流して、ああ、癒された一日となりました。


 
2014.04.12 Saturday

春の一日


解禁の日以降、まったく山方面から足が遠のいており、気付いたらもう4月の半ば。なかなかロッドを振るチャンスはないのですが、週末のこの日は、奥さんとコゴミ採りに行って来ました。


昨年の記事を見ると、ここの里山のコゴミの最盛期はもう一週間ほど先。今年は少雪だったこともあり、思い込んだら”絶対”の性格なんで、大きな袋をいくつも持っていそいそとお目当ての河畔に。でも、やっぱり季節は正直です。残雪はほとんどなかったものの、期待の上流域のコゴミはまだ固く、枯れた葦原からようやく顔を持ち上げた程度。


でも、でも、目を凝らして探せば、細いけど若い芽が其処彼処に。初物としてはまずまずの収穫となりました。


ここ数日は低温が続いたため、まだまた春が目覚めたばかりという里山の風景でした。


本格的な里山遊びにはもう少し時間が必要なようですね。



 
2014.03.02 Sunday

忙しい解禁、そして・・・


前日、遊漁券を購入して、解禁日に早朝から渓へ。実はこんなに慌ただしく初日を迎える予定ではなかったのですが…本当ですよ(笑)と言うのは、Doumtakaさんから雪山遊びのお誘いがありまして、そこがたまたま解禁初日の土曜日。この日は午後から野暮用があったんで、午前中だけご一緒することに。メンバーはDoumtakaさんのお仲間と自分の5人。自分だけは早めに帰還ということで、入山点の現地直行という予定に。

現地待ち合わせは10時前、微妙な時間です(^^; Doumtakaさんから「近くの渓をちょこっとやっては?」という、さすが
分かってらっしゃるご提案。ちょっと忙しいけどその提案に乗っかることに(笑)


そこでいそいそと釣り道具と山道具を車に積んで朝まだ暗いうちから向かったのは、入山点の近くの渓にあらず、20kmほど西の毎年解禁と決めている里川へ。あまり良い思いはないんですけど、どうしても行ってしまうんですよねこの川に。


例年はこの3倍くらいの雪があるんですが、今年は少なかった。念のためワカンを着けて入渓点まで歩きましたが、その必要もなかったほど。解禁当初は水量も落ち着いていて、比較的透明度もありいい感じなんですが、なかなか手強い。いつものことなんで、あくまでも竿始め。そういう意味では期待通りでした(苦笑)

2時間ほどの解禁の儀式を終え、本日のメインの目的のお山へ取って返します。


ああ忙しい、、、

そして、予定より少し早く現着したという4人と合流して、いざ入山です。



皆さんは山スキーが専門なんで、シールを付けて黙々と。それぞれにそれなりのお歳なのに早いこと早いこと。自分はワカンでの歩きですが、今までのお気楽なトレッキングとはレベルの違う速さで、最後尾をやっとこすっとこ。


さすがに新雪とは行かないまでも、手付かずの斜面にシュプールを残すことが目的という彼らは足の運びが違います。おっと、もう一つの目的の方が重要なのかもしれませんが…(笑)


もう一つの目的って言ったのは雪原での豪華なランチのことでして。この日はお天気もまずまずでアウトドアランチには絶好のコンデション。早めに帰らなければならない自分もご一緒させて頂いて、持ち寄られた自家製のおかず(って言うかツマミ)や漬物等もご馳走になり、楽しい時間を過すことが出来ました。

宴たけなわの中(笑)、後ろ髪を引かれましたが、12時過ぎには皆さんに別れを告げてお山を後にしました。彼らはランチの後、もう一つの目的というか本当の目的の”手付かずの斜面へのシュプール”を無事に達成されたようです。

Doumtakaさん、そしてお友達の皆さん、短い時間でしたが本当にお世話になりました。豪華な”お・も・て・な・し”(すでに劣化?)も頂いて、機会があれば今度は最後までご一緒させて下さい。


そして、本日は自分の52回目の誕生日でして、これは奥さんからのプレゼント。なんと現実的な年券の購入代。前日に立て替えた分を、、、何とも現実的ですが、「なに欲しい?」って聞かれた時のリクエストですから(笑)

いつも、ありがとう!
2014.02.23 Sunday

戸隠奥社から鏡池へ


戸隠高原へは晩秋の登山以来の訪れとなります。あの時は紅葉の盛期も過ぎて、冬に向けて微妙に寂しさを感じたことを覚えています。今回の訪問はまだまだ2m以上の雪深さですが、ご覧のように空はスカッと青く澄み渡り、陽が高くなっても気温は氷点下を下回るきりっとした空気の中、確実に近づく春の希望を感じさせる清々しい一日となりました。

この時期の戸隠は初めてでしたが、何組ものスノーシューやクロカンスキーを楽しもうという方々で結構な賑わい。奥社まで約2キロの参道はしっかりと踏み跡も付けられていて、固く引き締まった雪面は特別な装備も要らないほど。さすがにツアーも企画される人気の冬のトレッキングスポットです。


奥社への中間点、雪を被った随神門がお出迎え。


堂々とした茅葺屋根、鮮やかな朱塗りの門構えが森閑とした巨木杉並木の参道へと招き入れます。


そして、「あ」の先生とも4か月振りのご対面。おっと、お化粧直しをしたようで、妙に小奇麗になっていましたよ。


やっぱりこの荘厳な巨木杉並木には何度訪れても圧倒されます。


気が遠くなるような長い間、厳しい環境に晒されてもただひたすら素直に真っ直ぐ伸びている。こうありたいものです。


本当に青く澄んだ眩しい冬空。葉を落とした木々を美しく演出するキャンバス、これに代わるものはありません。


ただひたすら白いだけの雪ですが、青空と眩しいばかりの光を受けて結晶ひとつひとつががキラキラと存在を主張します。


そして、辿り着いた目的の奥社鳥居。その半分以上がすっぽりと雪の中に埋もれた状況。


奥社ご本体もこんなに埋もれて。


前回は登山で先を急ぐばかり参拝できなかった社に手を合わせ、遅ればせながら家内安全を祈願しました。


厚く降り積もった雪の重みに負けない頑強な造り。


背後に戸隠山塊が顔を覗かせます。


雪化粧した相変わらずの険しい岩塊の峰々。これもまた青空が美しさを引き立てます。



奥社を後にして途中、随神門をくぐってから右に折れると、鏡池に至るトレッキングコース。


ゆっくり40〜50分程で氷結し平原と化した鏡池に到着。





ここからの戸隠山塊から左に連なる西岳に至る絶景は圧巻。本当に来て良かったと思える瞬間。


ここで暖かいたまごスープと奥さん手作りのおにぎりを頬張って。手袋を外すとかじかむほどの極寒の中でしたが、美しい景色を眺めながらゆったりした時間がながれて、極上のランチタイムとなりました。



鏡池を後にして、林間コースを通っての帰り道、途中で見つけた巨大なサルノコシカケに驚きです。

とにかく最後の最後まで青空が印象的な素晴らしい日となりました。もちろん帰りにはセットの立ち寄り温泉によって温まって、癒されたのは言うまでもありません。

今回もご一緒いただいたテンカラ・Kさん、大変お疲れ様でした。また、出かけましょう。






 
2014.02.11 Tuesday

雪中の至福 


ここのところ完全にスノートレッカー化した私。今回はぼーちゃんを誘って、先々週遊んだ里山を再訪。

午前中は時折青空も覗かせて、新しく降り積もった純白の雪との対比が美しい。やっぱりバックが青空だと写真が映えますね。


SSさんもアップしていたリョウブの木、これまた白黒ばかりの世界の中で目立つ存在。自然が作り出した芸術とはまさにこのこと。まったくもって不思議な配色ですね。


日頃、運動不足という同級生のぼーちゃん。下腹周りの貯金が気になっているようですが、この負荷は効いてるなって感じがするでしょ。因みにぼーちゃん、竹製のわかんじきでの出撃です。


でも、本日のメインはこっちの方なんで、燃焼した分を完全に取り戻しちゃうかもしれませんが、お楽しみですしね(^^

前回訪れた時に目を付けていたヒラタケ。フリーズドドライでしたが鍋の具材として収穫出来てラッキーでした。


じゃ〜ん!本日のメニューはワンタンスープベースの鶏ムネ肉入り掻き卵仕立てのヒラタケ鍋、フレッシュねぎ添えです。
雪中での熱々の鍋料理、文句なく美味かったです。アウトドアでのこんな趣向、ぼーちゃんは初めてだったようで喜んで貰えたみたいです(^^


こりゃまさに雪中の至福。やっぱりこの趣味、病みつきですわ。

ぼーちゃん、今日はお疲れ様でした。お天気にも恵まれたし、初めてのスノートレッキングとしては上々のコンデションでしたね。冷えた身体を温める鍋と温泉のセットも最高だったでしょ?また、機会を見つけて出かけましょう!




 
2014.02.09 Sunday

白銀の池の平へ


深雪降り積もる妙高池の平にスノートレッキングに行って来ました。いもり池のビジターセンター周辺には周遊コースが整備されていて、以前にも何度か子供達を連れて、会社の仲間と一緒にクロカンスキーを楽しんだ懐かしいフィールド。


コースは「ホンドリス」と「キツネ」そして「ウサギ」の3コース。どちらも番号順に道標が木々に取り付けられていて、迷うことなく楽しめる林間コース。


午前中は別荘地を縫ったり道路を渡ったりの比較的人工物の目立つ「ホンドリス」コースで足慣らし。昼食を挟んで午後は静かな林間を行く「キツネ」コースをゆっくりと。今回も、同じくはまってしまった(笑)テンカラ・Kさんと汗をかかない程度にのんびりとモノクロの世界を堪能して来ました。


どちらのコースも我々が一番乗りって言うか貸切状態。降り積もったばかりのふかふかの新雪をラッセルで進みます。


今回は雪降りのためアウトドアクッキングはお預けですが、ブレークは熱々のコーヒーを。気温は氷点下でしたが身体の中からあったまる、やっぱりストーブは必携ですね。


生活の中では厄介者の雪ですが、億劫がらずにすすんで雪とふれあい、シンプルな方法で雪と遊ぶ。本当に楽しいです。

そして、帰りにセットの立ち寄り温泉。たまりませんな〜(^^




 
2014.02.01 Saturday

雪の里山へ


気持ち良く晴れあがった土曜日、導入した新装備で里山へスノートレッキングに行って来ました。






ご一緒したのはテンカラ・Kさん。氏も新調のスノーシューでの参戦です。










ヒラタケも採れて、アウトドアクッキングで一杯。真冬とは思えぬ穏やかな一日、楽しい野遊びとなりました。

オフシーズンのお楽しみ、また一つ増えましたね。次は何処へ出かけましょうか?もちろん温泉とセットでね(^^
 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM