2017.05.28 Sunday

水面爆破まで秒読み段階か…

長年この釣りやってても、このデリケートな季節の水の状況と魚のご機嫌は読めないわけで、

 

「あの川はもういいんじゃね?」「いや…もう1〜2週間じゃねえか?」こんなことばっかり

話しながら、期待ばっかり頭に巡らせながら目的の渓に向かうのも楽しいもので、

 

来てみりゃ思惑通りに行かないのも自然相手のこの釣りの難しさであり、また、興味深さ

なわけで… 

 

「もう少し水嵩が落ちれば爆発だな!」って、こんなことばかり考えているここ最近の週末。

幸せ者です(笑 そして、同行者も同様に”幸せもの”のようでして(笑(笑

 

水面直下での釣果、ちょっ!ストレス(苦笑 こちらの川は水面爆破までもう少しって感じ。

 

帰りがけに寄ったいつもの里川。折しも10m近い強風が…それもほぼほぼアゲンスト。

フライが思った流れに届かず、腕ばっかりが疲れる釣りとなりましたが、

 

最期の堰堤プールで何とかチビヤマメをキャッチできたので、ヨシとしましょう(^^

年券回収には程遠いサイズと魚影でしたが、人間、欲を出しちゃいけないと反省、反省。

謙虚に謙虚に…。遊ばせてもらえる幸せに感謝、感謝!

 

なぁ〜んて、「今年は絶対どっかの本流で尺ヤマメだな!」って。欲深い二人なんです(笑

 

 

 

 

 

2017.05.18 Thursday

新緑の渓流〜待ちに待った季節の到来

テンカラ・Kさんのお誘いを受け、久し振りに訪れたこちらの山岳渓流。

 

まだちょこっと早いものの、ぼちぼちと上向いているようで、スリリングな水面の

イワナ釣りを楽しむことが出来ました。

 

次回はもうちょっと標高の高い本命の山岳渓流で最高の釣りを!

Kさん、また宜しくお願いします(^^

 

2017.05.13 Saturday

ドライの季節がやって来た!

やっぱりこの花(タニウツギ)が咲く頃になると、間違いなく渓魚たちの目線は上向きに。

 

小雨の中、いそいそとやって来たのはいつものホームリバー。

昨夜からのまとまった雨のせいで少し増水ぎみか?気温・水温(11.5℃)も低めで

ほとんど虫っ気もなく、ドライで攻めるには活性が少し心配されましたが、入渓間もなく、

 

白泡脇の緩流帯にこの日初めて6Xのティペットに結んだ#13オオクマスピナーを流すと…

 

強い流れに飲み込まれる前に行き成りアタックしてきたヤマメを何とかネットイン。

今シーズンの記念すべきドライでの初物、小ぶりですがやっぱり水面での釣り味は格別なもの。

 

それも美しい流れから、ネイティブなヤマメでドライシーズンのスタートが切れたことは嬉しいの一言。

 

その後も何度か毛ばりを追うシーンがありましたが、結局、ホームリバーでは脱渓前に

もう一尾を追加して終了。もう1〜2週間もすれば盛期を迎えるか?

きっと次回はもう一回り成長した姿で会いに来てくれることでしょう。

 

そして次に訪れたのは、GWに勢いで年券を購入してしまった(笑)お隣の里川。

本流筋がユキシロでどうにもならないこの時期に重宝しているこの川。

しかし、ここ2年程は釣果に恵まれず…今年こそはと投資に釣り合う費用対効果を

期待してしまうのですがw さて、如何なものでしょうか?

 

ご覧のような典型的なヤマメの流れ。

始めて見ると… 厚みのある緩い流れにはほぼ確実に付いていて果敢にフライを

追ってくれます。こちらは既に盛期を迎えているようでした。

 

アベレージですが、こんなサイズが”つ”を抜けたか抜けないか、短い時間でしたが、

飽きない程度にに遊ばせてもらいました。これがもう二周り大きくなって釣れてくれればと…

今年はそんな状況に出くわすことが出来るでしょうか?

 

この手の里川は本流が盛期を迎えると、どうしてもスルーしてしまう傾向のため、

毎年やり切った感なくシーズンを終えてしまうのですが、今年はどんなスケジュールで

行こうか?何とも悩ましい川です(^^;

 

初夏を前に、季節が進む速さは目まぐるしく。まさに実感の釣行となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.04 Thursday

上を見るまでもう少し…

ここ暫く通っているこちらの本流中流域。恐らくこの区間、自分と同業者「M」さんの

プライベートストリームと言っていいほどの通いようで…。

 

昨日「M」さんから”ドライで数尾を釣り上げた”メールを頂いて、居ても立っても居られず、

鼻息を荒げ、高速ぶっ飛ばして、今日もまた…。

 

もちろん「M」さんも高速ぶっ飛ばして来るわけで… まさに同業者、あんたも

好きね〜(笑

 

ドライで好釣だった昨日より水量が多いようで、その分、渓魚たちの上への意識も

少しトーンダウンか?「M」さんのドライへの反応は昨日ほどではないようで。

 

意気地なしの自分(笑 と言えば、最初はドライを結んだものの、反応なしと思い

きや、あっさりニンフに付け替えると…

 

 

流れの中から良型イワナがビーズヘッドのハーズイヤーをガッチリ咥えてくれました。

明らかにニンフへの反応も違ってきて、少しずつ活性が上がってきていることを実感。

 

しっかり上を見るまでにはもう少しか…。

 

 

2017.04.29 Saturday

新緑、嬉し!

すべてのものが生き生きと鮮やかに、輝きを放つ季節の到来。

目的の渓への道中、あまりもの美しさに車を停めて、思わずシャッターを一押し。

次々と彩りが増して… 被写体に事欠かない季節となりました(^^

 

そしてこちらにもまた、芽吹きから新緑へ…

 

3週ぶりに訪れたこの渓ですが、前回とは様相が一変、生まれたての緑輝く新緑の渓

に様変わりしていました。ああ、新緑 嬉し!

 

少しづつ水が温むと渓魚も流れに出てくるようになって… 明らかに反応が違って

きています。ミドリカワゲラもパラパラとハッチしていましたが、水面を意識する

までもう少しというところ。

 

河畔に咲き誇る山吹の黄色(やまぶき色)も鮮やかに。次はピンクのタニウツギに

移ろえば、水面も賑やかになることでしょう。

 

 

2017.04.08 Saturday

濁流を超えて…桜ヤマメとの出合い

ここ数日、めっきり春めいて気温も急上昇。近隣の本流を覗くと…濁、濁、何処も濁!

とても竿を出すどころか、近づくことすらできない状況でして。

 

桜が開花する頃にはいつものこととは言え、この時期の釣り場探しは一苦労。

こんな時は来るベストシーズンに備えて、家で大人しく毛ばり貯金でもしていれば良いものを

何とか竿を出せる流れはないかと徘徊するのも、またこの時期の恒例。

そして、西へ西へと流れて…

ようやくたどり着いた何とか釣りになりそうなこちらの支流。当然、増水気味ではあるものの、

濁りがないだけでも救われます。

 

まっ、竿振れるだけでももうけもんってことで、3時からのJリーグDAZN中継までに軽〜く

やって帰りましょっ!て、良さげな堰堤のプールにニンフを送り込んだら行き成りマーカーが

引き込まれて…

 

側線に沿ってほんのり桜色を帯びていて、変則パーマークがはっきり浮き出た、この時期にしては

コンデションの良いヤマメが、なんと1投目で来てくれました。

今シーズンのヤマメ1号がこんな美形の良型(26センチ)なんて、嬉!

 

腹部の黒斑も多く、クッキリと。ネイティブの証し。

 

後にも先にも当たりはこの1回だけだったけど、水温8℃の厳しい状況の中、価値ある1尾となりました。

 

半年ぶりの再会。あまりの美しさに暫し見とれてしまいます。

 

降海型を桜鱒と名付けた理由はこの色合いにもあるのかも?

 

次回、訪れる時は水面で遊ばせてくれるかもしれませんね。新緑の季節が待ち遠しい…。

 

 

 

 

 

2017.03.20 Monday

釣れない釣りの楽しみ方

3連休の2日間、里川のお散歩を満喫できました(笑

 

こんな言い訳できるのもこの時期ならではと言うことで… 解禁初期の釣りにならない”釣り”

こんな”釣り”も嫌いじゃないですから…いや、ホント(^^;

 

 

 

 

2017.03.05 Sunday

解禁の儀 無事終了!

2017年シーズンの解禁は何年ぶりかに訪れた東の里川から。

 

ご一緒頂いた赤い同業者Mさんが一昨年の春、尺イワナを連発したという早期からドライでも行ける

こちらでは貴重な川。こういう河川では得てして景観はあまり期待できないもので、ご容赦を(苦笑

 

期待のポイントでは先行の餌釣りさんが小振りながらも銀毛した遡上タイプのヤマメを数尾あげていたので、

こちらの初物の期待もグングンと膨らみますが、如何せんこっちは偽物⁉そうは容易く興味を示してくれません。

 

それでも有難いことに”う”のちびっこが赤虫ニンフを咥えてくれて、なんとか”ボ”

を回避。微妙ですがこんなんでも嬉しく思えるのもこの時期ならでは(笑

まずは無事解禁の儀を終えることが出来ました。

 

これで今週はメデタシめでたしとしておけば良いものの、なんかもの足りないって

ことで…

 

翌日日曜の午後、奥様のお許しを得て(笑)今度は西の本流へ。まさに東奔西走!

この時期からそんなに頑張らなくてもいいだけど、やっぱりこの趣味中毒性が高い。

 

そして、一発目のあたりでガツンとこんなごっついの(尺2寸)が来てくれるなんて予想もしないのに、

 

これでまたこの中毒症状は重症化間違いなしですわ(笑

 

そして、ヒットフライはこちら。キン○○ブドウ虫スペシャル。

 

何年この本流で生き抜いてきたのでしょうか?サイズの割にはやさしい面構えです。

 

クソ重いデジイチ(Canon 60D/LENS EF20mm)を持ってきた甲斐がありました。因みに上はスマホ

画像です。差は一目瞭然…と思っているのは自分だけ?

 

一通りの撮影会も終わりに近づき、ここいらで引いての1枚。釣り上げた満足行く魚を

遠目から眺めながらの幸せなひと時、ここでタバコを吸ったらきっと至福の一服でしょうな〜

 

ようやく(笑 無罪放免で元居た流れにリリース。ありがとうね!

 

こんな感じで解禁からアグレッシブに(笑 今年もまた忙しいシーズンになりそうです(^^;

2016.09.25 Sunday

激流に挑む!

前節は渇水に泣かされ、今節は一転して激流に… 今シーズンの後半戦はなかなか

ちょうど良いという状況に出会えなかったな〜。

 

とは言え、限られた日程での釣行では危険を顧みずとは言わないまでも、立ち向かわなければ

ならない場面もあるものです(そんな大そうなものでもありませんが…)。

 

まとまった長雨の後、大物が騒ぐと思い込んで疑わないこの方と自分。やっぱり何です…^^;

 

こうなるとキャスティングの技術やフライが合う合わないとかの問題よりも、一番大事なのが

渡渉・遡行の技術。あとは絶対来るって信じることと病的な執念(笑

 

激流に押されながらワシワシと釣り上がり、「今日は絶対出るって雰囲気プンプンですよ」って。

幸せな二人です。顔合わせて笑っちゃいました。

 

そして、頑張る人には来てくれるもんです。

 

さらに本命も… 25cmのオス。厳しい状況の中での価値ある出会いでした。

 

Mさんも良型のヤマメを激流から引きずり出したようで… 流石ですね。

 

もう少し水嵩が引けば、通い続けたこの川で念願の尺ヤマメか?と夢は膨らみますが、

悲しいかな間もなくシーズンも終了。もう一回くらいチャンスもらえるかな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.09.18 Sunday

渇水に苦しむ・・・

台風16号の接近で秋雨前線が刺激される前にサクサクってやっちゃおうと訪れたのは、

前回時節外れの5月に挑んだこの河川最上流の区間。通年であればあの時期には完全に

雪渓で閉ざされている流れですが、今冬の少雪で下流域の1月以上早い最盛期の訪れに

気を良くして挑んだものの、流石にそこは深谷の源流…敢え無く敗退となった区間。

 

今回はそのリベンジをと意気込んで、MTBを引きずってここまで約2時間のアプローチ。

最近はすっかりお気楽な釣りにどっぷり浸かっている自分。やっぱりこの歳になると

身体は正直なもの。暑さもかなり落ち着いたこの時期にもかかわらずヘロヘロになって

目的の流れに到着。すでに釣る前に疲れ切ってしまい、体力の落込みを痛感した瞬間。

歳を取れば取るほど自分を甘やかしてはいけませんね…。

 

そして、川を覗けば… 今年は全国的に台風による影響と前線の停滞で各所で災害を被る

大雨が続いている中、本当に幸運にも大きな影響もなくこうして川で遊ばせて貰っている

身なんで贅沢を言ったらバチ当たっちゃいますが、こうして少雪の影響を最後まで引きず

った状況で… こちらの河川は何処も高い山から一気に急流となり流程が短い分、たっぷり

雪が降らないと水が持たないこと、改めて実感させられたシーズンとなりました。

 

こうなると釣り人の密度の低いこの区間でも渓魚達はめっきり神経質に。ほぼ水たまり状

となった薄い流れに、技術が許されるだけ遠くから17番以下の小さめのフライを投じても

”ピらっ”て一回見に来るだけ、2回目は無し。たまに咥えてくれても煮干しかシシャモサイズ。

 

なかなかテンションの上がらない中、既にこの区間の最終堰堤に早目の到着。普段は豊富な

水量を蓄えているこの堰堤も、メチャくちゃクリアーな状況で期待は超薄だったのですが、

こんな状況だからこそ魚が居れば見えるのも堰堤プールのワクワクするところ。

そぉ〜っと左側のプールを覗き込むと、大き目の魚影が流れ出し近くを下層から中層、中層

から下層と… プールの深みに入ったり、また戻ったり。その一部始終が良く観察できます。

 

こういうの見つけただけで、これは戦えると嬉しくなる… これこそフライの釣り

を志す者にとってアドレナリン出まくりの瞬間であり、至福(となる?)の時間。

取り敢えず6Xティペットに結ばれたままの#16アントパラシュートを流れに

戻ったところを見計らって優しく流れの上方に載せます。

 

 

ハードシェルのためポトリと落ちた強めの波紋で「こりゃ拙い!」と…でも魚には

大きな動揺もなく、無視してゆっくりと深みに。でも見える程度の開きの深みで、

落込みの下に潜り込むような警戒心は感じられないため、こりゃ遣り甲斐ありと

ニヤリ(この微笑み、傍から見たら病人です)。ここからが圧倒的に楽しいんです。

 

気を取り直して、逸る気持ちを抑えて、7Xティペットを長めに足して、この日

もっていたテレストリアルのフライBOXの中で一番小さい#19フライングアントを

取り出し、老眼を擦りながらアイに。なかなか通らん… ニードルでほじくって

2回3回… プールをチラ見すると流れに戻ってまたゆらゆらと… 気が焦る…

空にかざして(最近は何時もこんな)ようやくアイ通して結び目を確認。

 

 

よっしゃ、とロッドをバックキャストに移すと、あらら…長いティペットがベストの

フォーセップに絡んじゃってる… 気が焦る…

 

何とかキャスティングに移行。フワリと上方に着水。今度はCDCが効いて落下傘降下

でいい感じ。しかし、流れがゆる過ぎるせいかなかなか定位している所に届かずに

異常なし。何度か投じるうちに渓魚は流れから深み方向に移動し浮沈の繰り返し。

 

ローテーションかとも思ったけど、今度は真上にと投じたフライが着水した瞬間に

突然の急浮上。初めての反応でしてやったりのフッキング。してやったりの最高の

シュチュエーションとなりました。

 

そして手元のネットに収まってくれた美形尺イワナ。32cmありました。

沈黙を破った諄い長文(笑)はこの位にして… 後は写真で…

久し振りにゆっくりとした撮影会。こちらも十分諄いって?(苦笑 ごめんなさい。

 

ススキの穂も目立つようになって、いよいよシーズンも大詰め。あと何回行けますか…

また素敵な思い出を残したいものです。

 

 

 

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM