2018.02.03 Saturday

米山冬登山…感動の白と青の世界

寒波と寒波の間の絶体晴れの日。迷わず「えいやっ!」って、新雪降り積もる米山に登って来ました。

そこは白と青の世界。感動のひと言、飾る言葉など必要ありませんね。

 

これ以上ない、この冬ベストの日とベストな状況に狙い撃ち(笑)思い切って挑戦して良かったですね。

テンカラ・Kさん!心に残る感動の山行となりました。

 

年が明けてから相次ぐ強烈な寒波に追い立てられ、気付いてみればもうすぐ立春。そろそろ解禁の準備

も気になるところですが、来週ももうひと山(寒波)来るようで… なかなか渓流のイメージが湧きません。

もう暫くは雪遊びに没頭かな?

 

次の山をやり過ごしたら、前回途中撤退した飯縄山リベンジに出掛けましょう!

2018.01.20 Saturday

真冬の陽光、そして青空 一番のご馳走

来週はこの冬最大の寒波が到来するとの予報。その前に…この冬一番の晴天に恵まれた里山にしっかり

充電に行って来ました。

 

ご一緒頂いたのは、こちらもしっかりと冬の光を蓄えたい(笑)お馴染みのテンカラ・Kさん。

 

眩しいばかりの雪原で戴けば、いつものきつねどん兵とコンビニおにぎりも極上のランチに。

 

それに増して何よりのご馳走は、この澄み切った青空と貴重な冬のエネルギー(太陽光)。

 

今日戴いたエネルギー、来る寒波で予想される(⁉)大雪との格闘で使い果たしたら、また良い日を

見つけてフル充電に何処ぞへ出掛けましょう。

 

2018.01.14 Sunday

雪の里山へお茶飲みに…

ドカンと雪が降り積もった今週末。半日かけて家の周りの雪を片付けて、午後からテンカラ・Kさんと

近郊の里山へスノーシュートレッキングへ。

 

普段の生活には超厄介者の雪だけど、僕らの地方では当たり前のように冬の風物詩。除雪作業は運動不足

の解消にもなるし(笑 こんなトレッキングも楽しめる。付き合い方次第では満更悪くはないもの。

 

スノーシューでもズッポリ埋まる新雪をラッセルした後、暖かいカフェラテとカステラで至福のひと時。

 

雪と戯れ、雪と遊ぶ。楽しい週末の昼下がりとなりました。

 

2018.01.08 Monday

MTBで初詣

去年から始めたMTBでの初詣。この時期にMTBに乗れるだけでも大満足ですが、2年続けて春日山神社

までこぎ上がれるとは… 今年も参拝客からの「ようやるわ」視線を浴びることに優越感を覚える自分(笑

 

春日山を下り、謙信が幼少期に修行したという林泉寺を巡って、

 

最期にお気に入り高田東本町の直江八幡を詣でて、家族の健康と安全を祈願しました。

 

穏やかな正月気分もこの三連休まで、今週からは本格的な降雪予報となり、厳しい冬の再来です。

 

 

 

 

2018.01.04 Thursday

初春スノートレッキング

正月休暇の最終日。雪空の合い間を見つけて、飽食と飽飲のツケを払拭しようと里山へスノートレッ

キングへ出掛けてきました。

 

久し振りに訪れたこちらの里山でしたが、一面のモノクロ色の中でひときわ際立つ迷彩模様(リョウブ)

は、やっぱり健在でした。きっと新緑や紅葉の季節じゃまず気にならない超脇役でしょうが、この季節

では間違えなく主役級。それにしても特徴的な木肌ですね。

 

時折差し込む初春の光に、ご一緒したテンカラ・Kさんもテンション急上昇です(笑

 

新しく積もった15cm程の雪に今年の初トレースを。今日は二人じめの里山スノートレッキングとなり

ました。短い時間でしたが利息くらいは返済出来たかな?

 

帰りに寄った日帰り温泉で、今一番気になっている”自在鉤”を発見。日本の伝統の機能美に出合えて

ちょっと感動でした。こんなのでお茶沸かして飲みたい歳ごろになってきました(笑

 

テンカラ・Kさん、今日も楽しかった。また、お天気を見て出掛けましょう。

 

 

2018.01.01 Monday

良いお年をから”おめでとう”

年末のご挨拶をしようと思っていたんですが、年とりの宴に突入。しこたま飲んで、ご馳走食べて、

紅白を見ながらうとうと… 目を覚ましたら2018年が明けていました(^^;

 

一緒になっちゃいましたが、”良いお年を”から”明けましておめでとう”今年も宜しくお願い致します。

 

大晦日恒例の「イワナの薫製」 昨秋の恵み。芋焼酎のお湯割りのあてに、ありがたく頂きました。

川の恵みに感謝して…2018年も良いシーズンになりますように。

2017.12.03 Sunday

有終の4連勝、愛してる新潟!

J2降格ばかりがクローズアップされるけど、もっと新潟は誇っていい。

 

苦しんで、苦しんで辿り着いた境地。時遅しだったけど、このモチベーションでなかなか出来ることでは

ありません。新潟人になった選手たち、そして派手さはないけど何処にも負けない素晴らしいサポーター。 

 

やっぱり、愛してる新潟 アイシテルニイガタ!

 

 

2017.11.12 Sunday

長火鉢でお茶遊び

亡くなった親父が大切にしていた総けやき造りの長火鉢。この前に座ってのんびりと、ゆっくりと、

お茶を飲むのを楽しみにしていたのか… 結局、一度も火を入れずに5年前に逝ってしまった。

 

俺が譲り受けたからには、何時かは”おやじの夢”叶えるよ。道具は使って初めて本当の価値があるわけ

だから。とは言っても、今どきの家でこれに熾火を入れるのはちょい難しいので、当面、アウトドア

ストーブでのお茶遊び。

 

冷たい雨続きで行けない週末、たまにはこんな遊びも楽しいもの。今度は芋焼酎のお湯割りかな…。

2017.11.05 Sunday

冠雪の雨飾を仰ぐ

たまには奥さんを誘って… 秋晴れの連休最終日、冠雪の雨飾山を仰ぎ見る小谷村へ。

 

さすがに直下の山荘周辺では既に紅葉の旬は過ぎていましたが、野趣満天の露天風呂と麓の日帰り温泉

を満喫できて、ここ最近の忙しさで堪った疲れ、少しは癒せたかな? 次はゆっくり一泊で…。

 

 

2017.10.22 Sunday

栂海新道を行く…白鳥山から犬ヶ岳へ

以前から気になっていた北アルプスの北端ルート、栂海新道。起点は糸魚川市の親不知、日本海に落ち

込む絶壁を縫うように走るR8沿線、さらにその直下の海岸線「海抜0」から。

 

そして今回は、市振から上路集落を過ぎ旧北陸道が交差する坂田峠から登ることに。白鳥山を経由して、

お世話になっている河川の水源が集まる犬ヶ岳を目指しました。

 

山々の色付きも今がピーク。やっぱりこの朱色は紅葉の定番ですが…

 

時折混ざるファジーな色合いもまた良いアクセント。

 

通過点の白鳥山山頂。避難小屋の屋上は展望台となっていて、晴れていれば360°のパノラマが楽しめま

すが、生憎今日はガスの中で残念。

 

白鳥山を過ぎるときついアップダウンの連続、下駒ヶ岳、菊石山と2つのピークを超えて行きます。

西側に切れ落ちた見通しの良い稜線からは心地よい風と見事な紅葉が目に飛び込み、疲れを癒してく

れます。

 

ガスで霞んだ幻想的なブナ林を縫って進むと…

 

一気に両側の展望が開けて…

 

栂海山荘も雲間に見え隠れして、目指すピークまでもうひと頑張り。

 

雲海の向こうには昨秋に登った能生権現岳と鉾が岳のツインピークや海谷山塊が、そして日本海を臨む。

 

前方が一気に開けるとガスも晴れてきて、山頂からの展望に期待が膨らみます。

 

そして、ロープ場の急登を這い上がると…犬が岳山頂の目前に立つ無人の山小屋、栂海山荘に到着です。

 

山荘前のテント場。こんな絶景臨むキャンプサイトにいつかは泊まってみたい。

 

西方面には9月に登った”雪と岩の殿堂”剱岳や毛勝の山並みか。殿堂はもうすっかり雪化粧。

 

ピークまでラストの稜線を暫く行くと… 何処、どこ?此処か?

 

見通しの良い稜線上に犬ヶ岳山頂が忽然と。小さなピークですが最高の展望。登って来た稜線を滝の

ように下る雲海が見事でした。

 

晴れ渡ったパノラマビューも見たかったけど、こんな稜線を割る雲海の景色もまた貴重。今年は雲海

の当たり年のようで…

 

南方面は長栂山から朝日岳へ、稜線に続く栂海新道。何時かテントをもって縦走してみたいものです。

 

奥に聳える青海の黒姫山と、眼下に折り重なる数々の谷筋。この一帯が日頃お世話になっている河川が

生まれる源です。しっかりと見届けましたよ。それにしても豊かな…。

 

往復で8.5時間 日帰りにはちょっと大変な行程だったけど、幸運にも山頂からはこんな別世界の展望

が拝めて…頑張った甲斐がありました。でも、さすがに疲れた(^^;

 

 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM